さっそく使ってみよう

さっそく使ってみよう

CLIP STUDIO PAINTをさっそく使ってみましょう。

CLIP STUDIO PAINTの起動

PAINTをクリックして、起動します。

CLIP STUDIO PAINTの起動

画面の構成

最初にCLIP STUDIO PAINTを起動したときに表示されているパレットなどを紹介します。

画面の構成
①[ツール]パレット イラストやマンガを描くための道具(ツール)を選択できます。
ペンやブラシなどのツールを選択し、キャンバスへ描いていきます。
②[サブツール]パレット 各ツールの設定を切り替えることができます。
③[ツールプロパティ]パレット 選択中のサブツールの設定を調整します。
④[ブラシサイズ]パレット 現在使用しているブラシのサイズを調整できます。
⑤[カラー系]パレット 描画する色を選択できます。
⑥[コマンド]バー キャンバスの新規作成や、保存などの作業を素早く行うことができます。
⑦[素材]パレット イラストやマンガ作成に使用するさまざまな素材を管理するパレットです。素材は、キャンバスにドラッグ&ドロップして使用できます。
⑧[ナビゲーター]パレット キャンバスウィンドウに表示されている画像の表示を管理します。画像の表示の位置、倍率、角度などが調整できます。
⑨[レイヤープロパティ]パレット【PRO/EX】 レイヤーに対してさまざまな設定が行えます。また、選択中のレイヤーで使用できるツール・サブツールの候補を表示し、切り替えることもできます。
⑩[レイヤー]パレット CGイラストやマンガを描くために必要な「レイヤー」機能を操作できます。
⑪[タイムライン]パレット アニメーションの時間軸に対して、セルを表示するタイミングや重ね合わせなどを指定するパレットです。

まずはキャンバスに線を引いてみよう

まず、新しいキャンバスに線を引いてみましょう。

(1)[ファイル]メニューから、[新規]を選択し、絵を描くキャンバスを作成します。
作品の用途はイラスト、コミック、アニメーションなどが選べますが、まずはイラスト(黄色)を選択し、[OK]ボタンを押します。
[新規]を選択し、絵を描くキャンバスを作成します。
(2)キャンバスに線を引いてみましょう。
キャンバスに線を引いてみましょう。
[ペン]ツールのほか、[鉛筆]、[デコレーション]など様々なツールで線や模様を描くことができます。
様々なツールで線や模様を描くことができます。

より詳しくはこちら

ソフトやタブレットの準備や基本操作など、CLIP STUDIO PAINTをこれから使い始める人に役立つ、初心者向けの使い方・描き方講座をご用意しています。

はじめてのCLIP STUDIO PAINT

わからなくなったら?

操作が分からなくなったときには、以下のような方法を試すことができます。

元に戻す

操作を間違ってしまっても、PCの操作は前の状態に戻すことができます。[ツール]バーの[取り消し]ボタンをクリックすると、操作をひとつ前に戻すことができます。

元に戻す

みんなの質問や講座をみる

創作活動応援サイト「CLIP」では、ソフトウェアの使い方や、皆さまからお問い合わせいただいた質問などをみることができます。

CLIP STUDIO  PAINT サポート
>CLIP STUDIO PAINT サポート