提供者 : セルシス    更新日 : 2012/02/23    作家 : 遠田志帆(えんたしほ)
閲覧数 : 8762回 総合評価 : 2件

絵にアナログの質感を持たせるためにテクスチャを使用します。

IllustStudioでテクスチャを作ることもできますが、今回は自分でストックしている「板」と「水彩塗り」の2枚の画像をテクスチャとして使います。このふたつのテクスチャで、アナログの質感と幻想的な雰囲気を出します。

レイヤー構成の一番上に重ね、イラストの上から被せるように使います。

全体にテクスチャを付けるタイミングについて
テクスチャを付けるとイラスト全体の色合いが変わってしまうため、私は着色に入る前にテクスチャを重ねていますが、着色の際に塗る色と表示される色が違ってしまうので、いつまでも色を覚えられないというデメリットもあります。
テクスチャを最後に付けたり、使用するテクスチャを無彩色(グレースケール)にしたり、一番よいと思う方法で作業していただけたらと思います。


1.キャンバスにテクスチャ用の画像を読み込む


(1)[ファイル]メニュー→[読み込み]→[画像ファイル]を選択し、ローカルフォルダに保存してあるテクスチャ画像を選んで開きます。

(2)画像を開く際にダイアログが表示されたら、[ラスター]のラジオボタンにチェックを入れて[OK]をクリックします。

 

■板テクスチャ
木の板をそのままスキャンした画像です。テクスチャとして使用すると、和紙の様な風合いを出せます。

(1)キャンバス上に画像を読み込んだらレイヤー名を「板」に変更し、[編集]メニュー→[移動と変形]→[拡大・縮小]で画像に合わせて変形します。

 

(2)[レイヤー]パレットで、「板」レイヤーの合成モードを[オーバーレイ]に変更します。
合成モードの[オーバーレイ]は、明るい部分はより明るく、暗い部分はより暗くする効果です。
そのままではコントラストが強いので、不透明度を70%くらいまで下げます。

 

「板」テクスチャを重ねることにより、キャンバス全体に和紙のような質感と黄色味が加わります。

 

POINT
身の回りにあるものは何でもテクスチャとして使えます。
ダンボールやコンクリート、水面や木の幹など、写真で撮り溜めるのもいいと思います。


■水彩テクスチャ
アナログの画用紙に水彩絵の具で塗った画像を使います。水がマーブル模様のようにうようよしているので、幻想的な雰囲気と、水彩画特有のアナログの質感が出せます。

板と同じく、こちらもキャンバスに画像を読み込んだら、レイヤーの合成モードを[オーバーレイ]に変更します。

POINT
今回は2枚のテクスチャのレイヤー合成モードを、どちらも[オーバーレイ]にしました。
私は[オーバーレイ]が使いやすいため、つい使ってしまうのですが、他にも[スクリーン]、[ソフトライト]、[ハードライト]等色々な効果があるので、いろいろ試してみて下さい。


(3)重ねたときの色が明るすぎるので、「水彩」テクスチャの明るさを調整します。
[フィルタ]メニュー→[レベル補正]を選択し、[レベル補正]ダイアログで全体的に暗くなるよう調整します。

①[入力]のポイント(△)を調整します。左端の黒と中央の灰色のポイントを下図のように右側に移動します。
②[出力]のポイント(△)を調整します。右端の白いポイントを下図のように左側に移動します。

 

[OK]をクリックしてダイアログを一旦閉じます。

(4)続いて「水彩」テクスチャの色を調整します。ふたたび[フィルタ]メニュー→[レベル補正]を選択して、[レベル補正]ダイアログを表示させ、[設定]のプルダウンメニューから[Red]を選択してから、入力と出力の値を調整します。

①[入力]のポイント(△)を調整します。中央の灰色と右端の白のポイントを下図のように左側に移動します。
②[出力]のポイント(△)を調整します。左端の黒のポイントを下図のように中央まで移動します。

 

2.[スタンプ]ツールでテクスチャを修正


「水彩」テクスチャは模様にムラがあるため、空や顔など、テクスチャの模様を目立たせたくない部分のムラを[スタンプ]ツールで修正します。
柔らかいブラシで修正したいので、[スタンプ]ツール→[スタンプ(薄)]を使用します。

(1)[Alt]キーを押しながら、ムラの少ない部分をクリックし(①)、次に修正したい部分にブラシを置き、塗っていきます(②)。

 

(2)同じように顔の部分もムラをなくします。
これでテクスチャは一旦終了です。仕上げの工程でまた微調整します。

 

作者プロフィール:遠田志帆(えんたしほ)  (サイトURL:http://www17.plala.or.jp/shiffon/

秋田出身埼玉在住のイラストレーター。主な絵仕事は壁井ユカコ「14f症候群」「NO CALL NOLIFE」、綾辻行人「Another」(角川書店)、柴田よしき「朝顔はまだ咲かない」(東京創元社)、「百合アンソロジーひらり、」(新書館)表紙等。「公式IllustStudioステップ バイ ステップ」(ワークスコーポレーション)でメイキングを紹介。

このコンテンツを評価してください

このコンテンツのタグ :  IllustStudio メイキング(クリエイター) アナログ アナログ併用 画像データの読み込み 変形 合成モード メイキング(feat.クリエイター)

≪  6.顔の下描き  |  7.テクスチャを使う  |  8.線画と着色の準備  ≫
人気のタグ [ 60件 |  80件 |  100件 ]

枠取り   塗り残し   乗算   写真のトレース   筆圧   ぶれないペン   コピペ   線画の取り込み   トンボ   保存   RGBAカラー   設定を変更   PNG   指定の形式で保存   ズバッと解決!図解探偵   IllustStudio   色の設定   レイヤープロパティ   パレットカラー   テクスチャ   線画   CMYK   選択範囲の反転   選択範囲   色塗り   仕上げ   パターンブラシ   メイキング(feat.クリエイター)   人気絵師   イラスタ   えるぽ   マスク   フィルタレイヤー   色相・彩度・明度   グラデーション   ブラシ   クリッピングレイヤー   クリッピング   ツール設定   スポイト   読み込み   スキャン   レイヤーカラー   レイヤーカラーを使用する   テキスト   画面操作   描画負荷グラフ   色の調整   合成モード   装飾   塗りつぶし   オリジナル素材の作成   画像データの読み込み   アナログ併用   2値   フィルタ   下塗り   鉛筆   水彩   ざいん   質感   陰影   厚塗り   メイキング(feat.テーマ)   選択範囲の作成   マジックワンド   消しゴム   移動と変形   レイヤーマスク   くちびる   パース定規   投げなわ選択   レイヤー   フチ   ウィンドウレイアウトを初期化   下描き   色作成   筆ペン   反転   現在の選択から削除   選択範囲の追加   キャンバスサイズの変更   アナログ   アサバ   初期化起動   ツールのサイズ   パース   ラフ   ショートカット   環境設定   CMYKカラー表示   サムネイルサイズ   線の色を変更する   素材   連載紹介素材   連載素材   直線   キャンバスカラー   線の色を描画色に変更   特殊な描画