CLIP STUDIO COORDINATEのMODELERへの統合、およびMODELER Ver.1.6.0アップデータ公開のお知らせ | CLIP STUDIO


最新情報

最新情報一覧

CLIP STUDIO COORDINATEのMODELERへの統合、およびMODELER Ver.1.6.0アップデータ公開のお知らせ

2016年7月28日

CLIP STUDIO PAINT用3D素材のセットアップ機能が追加された、CLIP STUDIO MODELER Ver.1.6.0アップデータ (Windows版/Mac OS X版) を7月28日(木)に公開いたしました。CLIP STUDIOもあわせて、Ver.1.6.0にアップデートいたしました。

従来、COORDINATEで提供していた3D素材のセットアップ機能は、使用期限なく無料でご利用いただけます。

今回のアップデートでは新たな3Dデータフォーマットを追加いたしました。詳細につきましてはこちらをご覧ください。

CLIP STUDIO MODELERの主な更新内容

Ver.1.6.0では下記の内容を更新いたしました。すべての更新内容はリリースノートをご覧ください。

CLIP STUDIO COORDINATEのPAINT用3D素材のセットアップ機能が追加されました。

MODELERや、他の3Dソフトウェアで作成した3Dデータを、CLIP STUDIO PAINT用の3D素材としてセットアップできます。

Mac OS X 10.10で、インポート / エクスポートウィンドウのリスト、カラム表示が正常に表示されない現象を修正いたしました。

※CLIP STUDIO COORDINATEユーザーさまへのご案内
  • COORDINATEは、引き続きご利用いただけますが、現在公開しているVer.1.1.7以降のアップデートは行いません。
  • COORDINATEで作成したファイルは、MODELERでは読み込み、編集は行えません。COORDINATEに読み込む前の、元の3DデータをMODELERに読み込み、編集、素材の登録を行ってください。

    *元の3Dデータの形式によっては、完全には再現できない場合があります。
    *COORDINATEでの編集について詳しくはこちらをご覧ください。
※CLIP STUDIO MODELERユーザーさまへのご案内
  • 現在お持ちのCLIP STUDIO MODELERのシリアルナンバーで、引き続きVer.1.6.0をご利用いただけます。
  • Ver.1.0.2以前のMODELERで作成したCMOファイルは、新バージョンのVer.1.6.0で開き、新たに新フォーマットの素材として登録できます。
    *キャラクターのCMOファイルは最新バージョンのVer.1.6.0では読み込めません。