Next Topic
Previous Topic
Previous Topic
Next Topic

 

特殊定規

[特殊定規]の作成方法について説明します。

1レイヤーを選択する

[レイヤー]パレットで、定規を作成するレイヤーを選択します。

2ツールを選択する

[ツール]パレットで、[定規]ツールを選択します。


 

Ver.1.5.6からサブツールの初期構成を変更いたしました。以前からCLIP STUDIO PAINTをご利用の場合は、[図形]ツールを選択し、[サブツール]パレットの[定規作成]を選択してください。

 

730_ruler_0024.jpg

 

3サブツールを選択する

[サブツール]パレットで、[特殊定規]を選択します。

730_ruler_0025.jpg

 

4定規の種類を選択する

[ツールプロパティ]パレットで、[特殊定規]から定規の形状を選択します。

730_ruler_0026.jpg

 

 

[ツールプロパティ]パレットの[編集レイヤーに作成]で、定規の作成先を設定できます。

·[編集レイヤーに作成]がオンの場合は、編集中のレイヤーに定規が作成されます。

·[編集レイヤーに作成]がオフの場合は、[レイヤー]パレットの一番下にレイヤーが作成され、そこに定規が作成されます。ただし、[ガイド]の場合、「ガイド」という名称のレイヤーがあるときは、そのレイヤーにガイドが作成されます。

 

5定規を作成する

キャンバスに定規を作成します。定規を作成すると、[レイヤー]パレットに定規アイコンが表示されます。

730_ruler_0071.jpg

 

定規の作成方法は、[特殊定規]で選択した形状によって異なります。

 

平行線

キャンバス上をドラッグして、定規の角度を調整します。マウスの左ボタンを離すと、定規が作成されます。

730_ruler_0027.jpg

 

平行曲線

複数の点を指定し、指定した点を通る曲線を描画します。ダブルクリックすると描画が確定し、定規が作成されます。

730_ruler_0100.jpg

 

 

[平行曲線定規]の描画方法は、[図形]ツールの[連続曲線]の描画方法と同じです。[スプライン]以外の[平行曲線定規]の描画方法は、連続曲線の描き方を参照してください。

 

多重曲線

複数の点を指定し、指定した点を通る曲線を描画します。ダブルクリックすると描画が確定し、定規が作成されます。

730_ruler_0088.jpg

 

 

·[多重曲線定規]の描画方法は、[図形]ツールの[連続曲線]の描画方法と同じです。[スプライン]以外の[多重曲線定規]の描画方法は、連続曲線の描き方を参照してください。

·作成した定規を[オブジェクト]ツールで選択すると、[回転コントローラ]が表示されます。[回転コントローラ]をドラッグすると、定規と同じ形の線を描画していく方向を設定できます。設定方法の詳細については、特殊定規(多重曲線定規)の場合を参照してください。

 

放射線

キャンバス上をクリックすると、定規が作成されます。クリックした位置が、[放射線定規]の中心点になります。

730_ruler_0028.jpg

 

放射曲線
730_ruler_0029.jpg

定規の中心に設定したい位置を、クリックします。

730_ruler_0030.jpg

複数の点を指定し、指定した点を通る曲線を描画します。ダブルクリックすると描画が確定し、定規が作成されます。


 

[放射曲線定規]の描画方法は、[図形]ツールの[連続曲線]の描画方法と同じです。[スプライン]以外の[放射曲線定規]の描画方法は、連続曲線の描き方を参照してください。

 

同心円
730_ruler_0031.jpg

定規の中心に設定したい位置から対角線の方向へ、マウスボタンを押しながらドラッグします。終了点でマウスボタンを離します。

キャンバスをドラッグすると、図形が回転し角度を調整できます。

キャンバスをクリックすると描画が確定し、定規が作成されます。

 

ガイド
730_ruler_0081.jpg

ガイドを作成したい位置からドラッグします。水平のガイドを作成したい場合は横方向に、垂直のガイドを作成したい場合は縦方向に、ドラッグします。

ガイドを作成したい方向に、プレビューが表示されたら、マウスボタンを離します。

水平、または垂直のガイドが作成されます。

 

 

Previous Topic
Next Topic
 

目次

-検索-

戻る