CLIP STUDIO リリースノート | CLIP STUDIO

CLIP STUDIO リリースノート

Version 1.7.1

主な更新内容

【改良内容】

CLIP STUDIO TIPSサービスに対応いたしました

  • 左メニューに「教える&学ぶ」を追加しました。クリックでTIPSサービスを表示します。

クラウド機能をアップデートいたしました

  • クラウドメニューの選択項目を変更しました(ご利用いただける機能に変更はありません)。
  • PAINTへの機能追加に伴い、クラウド:ソフトウェアバックアップの対象データに「CLIP STUDIO TABMATE(設定/ツールローテーション設定)」「クイックアクセス」を追加しました 。

【修正内容】

  • その他、軽微な問題を修正しました。

Version 1.6.7

主な更新内容

【改良内容】

CLIP STUDIO ASKおよびPROFILEサービスに対応いたしました

  • 左メニューに「質問&回答」を追加しました。クリックでASKサービスを表示します。
  • 上部メニューバー「お知らせ(ベルアイコン)」メニューに、PROFILEサービス「通知」「ダイレクトメッセージ」コマンドを追加しました。いずれかに未読がある場合、ベルアイコン上に丸い通知バッジが表示され、それぞれのコマンド箇所には「*(アスタリスク)」が表示されます。
  • 上部メニューバー「アカウント(ユーザーアイコン)」メニューに、PROFILEサービス「プロフィール編集」コマンドを追加しました。

【修正内容】

  • 起動中に一部のメニューなどをクリックすると、ブラウザが起動してエラーメッセージが表示されます。この問題を修正しました。
  • 上部メニューバー「設定(歯車アイコン)」内の「素材インストール」コマンドを廃止しました。初期標準の素材インストールは引き続き「クラウドインストール素材」からご利用いただけます。同様に素材アンインストーラの同梱も廃止いたしました。
  • その他、軽微な問題を修正しました。

Version 1.6.4

主な更新内容

【改良内容】

クラウドインストール素材を高速化いたしました

クラウドを通じて初期素材(プリンストール・Web配布追加素材)をインストール、または更新する際のダウンロード処理を高速化しました。

左メニューをスクロール対応いたしました

左メニュー(クイック起動 / サービス / 出力・公開 など)が縦方向に表示しきれない場合、スクロールバーを表示する対応をいたしました。

【修正内容】

その他の修正

  • ヘルプメニュー(?アイコン)から、「WEBライセンス情報」を削除しました。
  • その他、軽微な問題を修正しました。

Version 1.6.3

主な更新内容

【改良内容】

「素材をさがす」→「CLIP STUDIO ASSETS」にリニューアルしました

リニューアルについて、詳しくはこちらをご覧ください。

出力・公開メニューより「pixiv FACTORY BOOKS」をご利用いただけるようになりました

左メニュー「pixiv FACTORY BOOKSで同人誌をつくる」よりご利用いただけます。

【修正内容】

CLIPアカウントの仕組みを変更いたしました

これにより、最新バージョンでないとログインが必要なサービスをご利用いただけません。お手数ですが、起動時の案内に従って最新バージョンをインストールしてください。

Version 1.6.0

主な更新内容

【改良内容】

初期素材(プリンストール・Web配布追加素材)のクラウド化に対応しました

  • ソフトウェアをインストール後、CLIP STUDIOを起動するとクラウドを通じて初期素材を自動でダウンロードします。
  • これにはログインを必要としません。
  • これには限定特典追加素材(フォント/メーカートーン)を含みません(別途インストールが必要です)。
  • 素材が一定サイズを超える場合、表示データのみがダウンロードされます。残りのデータは使用時にダウンロードします。事前に一括ダウンロードすることもできます(CLIP STUDIO[設定(歯車アイコン)]→[クラウドインストール素材の完全同期]を実行)。
  • 初期素材に修正、追加が生じた場合、この機能を通じて差替え、追加提供されます。

MODELER作品および素材がクラウドに対応しました

  • 作品を同期設定できます。また、素材は自動で同期します。

その他の改良

  • PAINTフル機能体験版でも、無償プラグインおよび有償プラグイン体験版をご利用いただけるようになりました(有償プラグインの購入はできません。また、PAINT機能制限版ではご利用いただけません。)
  • 各詳細、情報画面で表示される[戻る(一覧へ戻る)]ボタンを上部固定位置に移動しました。これによりスクロールによって[戻る(一覧へ戻る)]ボタンが消えることがなくなり、簡単に前の画面に戻ることができるようになりました。

【修正内容】

COORDINATEはMODELERに統合されました

これにより、以下の点を修正しました。

  • 画面左上のソフトウェア一覧(クイック起動、ソフトウェア情報)より、COORDINATEを削除しました。
  • [作品]画面に、COORDINATE作品が表示されなくなりました。
  • [素材]画面から、[COORDINATEで開く]ブロックおよびボタンを削除しました(代わりに[COORDINATEで開くには]または[MODELERで開く]ブロックおよびボタンが表示されます)。
  • その他、MODELERへ統合されたことについて詳しくは「MODELERリリースノート」をご覧ください。

その他の修正

  • CLIP STUDIOでのソフトウェアアップデートに失敗することがあります。その時、エラーメッセージを表示する対応をしました。
  • 3D素材について、「素材をさがす」および「素材一覧」でのパーツ選択ダウンロード機能を廃止しました。
  • その他、軽微な問題を修正しました。

Version 1.5.6

主な更新内容

【修正内容】

  • 作品サムネイルが存在しない場合、CLIP STUDIOを起動できないことがあります。その現象を修正しました。
  • クラウド機能を利用している場合、CLIP STUDIOに自動ログインできないことがあります。その問題を修正しました。
  • Mac OS Xで低解像度環境の場合、CLIP STUDIOを起動できないことがあります。その現象を修正しました。
  • その他、軽微な問題を修正しました。

Version 1.5.5

主な更新内容

【改良内容】

デザイン、UIを変更しました

デザイン、UIを変更
  • 各メニュー、ボタンなどの位置調整、移動を行いました。

  • START画面を刷新しました。

  1. 画面上部に前回作業したファイルが表示されるので、すぐ制作の続きを行えるようになりました。クリックすると、関連付けられているソフトウェアでファイルを開きます。
    なお、右上の設定メニュー(歯車アイコン)→「START画面 背景画像の変更」より、前回作業したファイルの背景の画像を変更いただけます。
  2. 最新のトピックス情報を一覧でご覧いただけるようになりました。新着・話題の素材や講座、公式アカウントによるツイート、リツイートなどの気になる情報へすぐアクセスできます。

「プラグインストア」サービスを追加しました

「プラグインストア」サービスを追加
  • CLIP STUDIOシリーズの機能拡張ができるプラグインを購入/ダウンロードできる新サービスです。これに伴い、「プラグイン一覧」画面を廃止いたしました。
  • 「CLIP STUDIO PAINT イメージングプラグイン開発コンテスト 受賞プラグイン」(第1回 / 第2回)の受賞作を公開しました。また、「CLIP STUDIO PAINT用PDF入出力プラグイン」も引き続きこちらでご購入いただけます。
  • サービス公開に伴い、「CLIP STUDIO PAINT フィルタープラグインSDK」で開発したフィルタープラグインを出品(無償またはGOLD販売)していただけるユーザーさまを募集しております。詳しくはこちらをご覧ください

※2016年4月20日現在、プラグインはCLIP STUDIO PAINT EXのみでご利用いただけます。

CLIP検索 機能を追加しました

画面左下の検索ボックスよりご利用いただけます。

CLIP検索 機能を追加
キーワード検索を実行すると、CLIP STUDIOに関連するサイト、サービス、マニュアルなどからそのキーワードに該当する語句を含むページを表示する、サイト検索機能です。

素材データの保存場所変更に対応しました

右上の設定メニュー(歯車アイコン)→「素材の保存場所」より、素材データを保存するローカルのディレクトリを指定、変更できるようになりました。

素材データの保存場所変更に対応
なお、クラウドにのみ保管されている作品ファイルの一時的なダウンロード先も同じディレクトリに変更されます。

アップデート機能を改良しました

次期バージョン以降、CLIP STUDIOからワンクリックで簡単にアップデートできるようになります。

Version 1.5.2

主な更新内容

【改良内容】

素材をさがす(Web)からCLIP STUDIOを起動できるようになりました

CLIP STUDIO用素材の場合、素材をさがす(Web)の素材情報画面で[CLIP STUDIOで開く]ボタンが表示されます。CLIP STUDIO Ver.1.5.2以上がインストールされたPCで同ボタンを実行すると、CLIP STUDIOを起動して当該素材の素材情報画面を開きます。

※ CLIP STUDIO Ver.1.5.2以上がインストールされていない環境では動作いたしません。

Version 1.5.1

主な更新内容

【改良内容】

スマホ向け無料お絵描きアプリ「kakooyo!」(iOS/Android)の作品をPAINTで編集できるようになりました

  • 「kakooyo!」からCLIPクラウドへ作品をアップロードすることができるようになりました。これにより、CLIP STUDIOでその作品をダウンロードして、PAINTで続きを描くことができます。
  • 「kakooyo!」作品は、クラウドとの同期対象には設定できません。CLIP STUDIOへのダウンロードは、起動時の同期で自動的に行われます。

クラウド同期時のダウンロード速度がアップしました

  • 今までと比較して1.2倍~1.5倍程度高速化され、より快適にご利用いただけるようになりました。

素材をさがす「オートページ機能」がシンプルになりました

  • ON/OFFの切り替えが不要になりました。

【修正内容】

  • 一部の環境で、ログインできない場合があります。その現象を修正しました。
  • その他、軽微な問題を修正しました。

Version 1.5.0

主な更新内容

【改良内容】

PAINT、ACTIONのアップデートに対応しました

  • 主にアニメーション機能に関連する対応を行いました。

※Ver.1.5.0未満のバージョンとアップデート方法が異なります。詳しくはこちらをご確認ください。
※Ver.1.5.0以降では、旧ACTIONプロジェクトファイル(capj形式)は「作品一覧」に表示されません。
※Ver.1.5.0以降では、以下のバージョンのソフトウェアを対象として動作します。
 ・ PAINT Ver1.5.0以上
 ・ ACTION Ver.1.5.0以上

機能、UIを改善しました

  • アプリケーションのアイコンを変更しました(デスクトップショートカットのアイコンも変更されます)。
  • 「クラウド設定」画面の「ソフトウェアバックアップ」「素材の同期」を別々に設定できるように変更しました。
  • 各ソフトウェアのアップデート画面および「お知らせ」画面を、同じウィンドウで表示するよう変更しました。
  • クラウド同期対象ファイルの表示データのみがダウンロードされている場合の操作について、より分かりやすい挙動に変更しました。
  • クラウド同期対象データに、ACTION関連のデータを追加しました。詳しくは「クラウドご利用ガイド(対象データについて)」をご覧ください。
  • 「素材集リスト」でサムネイルやタイトルをクリックした際に「素材情報」画面を表示するよう変更しました。
  • その他、一部のデザインを変更いたしました。

「素材をさがす」に素材アップデート機能を追加しました

  • 公開中の素材を、新しい素材にアップデートする機能を追加しました。「素材をさがす」の「マイアップロード(アップロードした素材の管理)」からご利用いただけます。

※詳しいアップデート方法については「素材をさがす ご利用ガイド(アップロード)」をご確認ください。

【修正内容】

  • その他、軽微な問題を修正しました。

Version 1.2.0

主な更新内容

【修正内容】

  • PAINTのページ管理ファイル(拡張子:cmc)のファイル名変更をエクスプローラまたはFinder上で実行すると、CLIP STUDIO「作品一覧」でNot Found表示になります。この時、CLIP STUDIOで当該作品を削除するとページ管理ファイル(拡張子:cmc)配下のページファイル(拡張子:lip)がゴミ箱に移動されます。その現象を修正しました。

Version 1.1.9

主な更新内容

【改良内容】

クラウド機能をご利用いただけるようになりました

作成した作品や素材、ソフトウェアの各種設定をクラウドと同期し、バックアップ、リカバリーができるようになりました。

  • 「クラウドバー」 → [設定]ブロック
  • より、クラウド設定を「利用する」に変更してご利用ください。

※この機能について詳しくは「クラウドご利用ガイド」をお読みください。

作品一覧のUIを改善いたしました

  • フォルダツリーをラベル一覧に変更しました。
  • 「お気に入り」ラベルを追加しました。一覧に表示されるハートマークのクリックで、登録・解除が簡単に行えます。
  • 表示を「サムネイル」「リスト」に変更しました。右上のボタンで、いずれかに切り替えてご利用いただけます(初期状態はサムネイル表示になっています)。
  • 並び替えの機能を追加しました。サムネイル表示の場合はドロップダウンメニュー、リスト表示の場合はフィールド名をクリックすることで実行できます。
  • 新規作成・削除などの実行ボタンを下部に移動しました。また、フォルダの「名前の変更」ボタンを追加しました。
  • その他、全体的にデザインを変更いたしました。

素材一覧の一部UIや構成を改善、変更いたしました

  • 「素材(集)の管理」画面を追加しました(素材を選択して[管理]ボタンをクリックすると表示されます)。
  • 素材一覧から遷移する画面を「素材の管理」画面に変更しました。
  • [情報|編集/公開]ボタンを[管理]ボタンに変更しました。
  • 画面上部にあった[素材集]ボタンを削除しました。これにより、素材集の管理を素材集リストに集約しました。

ログインセッションを保持する方法を変更しました

  • クラウド機能の追加により、利便性向上のため、より適切な方法に変更しました。

【修正内容】

  • その他、軽微な問題を修正しました。

Version 1.1.8

主な更新内容

【改良内容】

PAINT作品をコンビニでプリントアウトできるようになりました

CLIP STUDIO PAINTで制作した作品を、セブンイレブンのマルチコピー機でプリントアウトできる機能を追加しました。

  • メニュー「作品一覧」 → 「作品の管理」 → [コンビニでプリントする]ブロック
  • よりご利用いただけます。

※この機能について詳しくは「コンビニプリントご利用ガイド」をお読みください。

【修正内容】

  • その他、軽微な問題を修正しました。

Version 1.1.7

主な更新内容

【改良内容】

「EPUB」出力機能を追加

CLIP STUDIO PAINT EXで制作した複数ページ作品の、「EPUBデータ」を出力する機能を追加しました。
「EPUB(イーパブ)」は、多くの電子書籍サービスで対応/採用されている標準的なフォーマットです。

  • メニュー「CLIP STUDIO START」 → [EPUB(電子書籍用)データを出力する]ブロック
  • メニュー「作品一覧」 → 「作品の管理」 → [EPUB(電子書籍用)データを出力する]ブロック
  • よりご利用いただけます。

※この機能について詳しくは「EPUB(電子書籍用)データ出力ガイド」をお読みください。

ソフトウェア用プラグインの購入、管理機能を追加

「PAINT用PDF入出力プラグイン」の提供(期間限定で無料/0 GOLD)を開始いたしました。
※期間限定無償ダウンロードは、12月25日(木)17:00をもちまして終了いたしました。

    これに伴いまして、
  • メニュー「CLIP STUDIO START」 → [プラグイン一覧]ブロック
  • から、ソフトウェア用プラグインの購入、ライセンスの管理などができるようになりました。

【修正内容】

  • [ソフトウェア情報]画面およびブロックの名称を[ソフトウェア一覧]に変更しました。
  • 「同人誌印刷用データ」出力後に[作品一覧]画面で表示される[同人誌印刷用データ]ボタンを[同人誌用]に変更しました。
  • その他、軽微な問題を修正しました。

Version 1.1.6

主な更新内容

【改良内容】

「Kindleフォーマット」出力機能を追加

CLIP STUDIO PAINT EXで制作した複数ページ作品の、「Kindleフォーマット」を出力する機能を追加しました。

  • メニュー「CLIP STUDIO START」 → [Amazon Kindle向けコミックを出版する]ブロック
  • メニュー「作品一覧」 → 「作品の管理」 → [Kindleフォーマットで出力する]ブロック
  • よりご利用いただけます。

※この機能について詳しくは「Kindleフォーマット出力ガイド」をお読みください。

「同人誌印刷用データ」出力機能を改善

  • メニュー「CLIP STUDIO START」 → [同人誌をつくる]ブロック
  • から、作品を選択して出力できるようになりました。

「作品の管理」画面を追加

「作品一覧」から作品を選択して[編集]をクリックした際、その作品をどのように使用・活用するかを選択する「作品の管理」画面を追加しました。それに伴い、「制作ソフトウェアで開く」「作品情報を編集する」「保存フォルダを開く」機能を、当該画面に移動しました。

【修正内容】

  • その他、軽微な問題を修正しました。

Version 1.1.4

主な更新内容

【改良内容】

「同人誌印刷用データ」出力に「Web確認用データ」機能を追加

同人誌印刷用データを、外出先のPCやスレートデバイス(スマートフォン・タブレットなど)などでも確認できる「Web確認用データ」機能を追加しました。
同人誌印刷用データ出力後、CLIP STUDIOよりアップロードを実行して発行されるURLにアクセスすると、Webブラウザ上で動作するビューアで確認用データを閲覧できます。
※この機能について詳しくは「同人誌印刷用データ出力ガイド」をお読みください。

【修正内容】

  • その他、軽微な問題を修正しました。

Version 1.1.2

主な更新内容

【改良内容】

「同人誌印刷用データ」出力機能を追加

CLIP STUDIO PAINT EXで制作した複数ページ作品の、同人誌印刷用データを出力する機能を追加しました。
メニュー「作品一覧」 → 「作品情報」 → [出力/印刷]ボタンよりご利用いただけます。
※この機能について詳しくは「同人誌印刷用データ出力ガイド」をお読みください。

「作品一覧」「素材一覧」マウスでの一括選択機能を追加

サムネイル部分以外からマウスをドラッグすることで、複数の作品・素材を一括選択できるようにしました。これにより、選択した作品・素材を「つかむ」場合は、サムネイル部分をつかむ仕様に変更いたしました。

【修正内容】

  • その他、軽微な問題を修正しました。

Version 1.1.1

主な更新内容

【改良内容】

CLIP STUDIO MODELER Ver.1.0.1以降で登録できる素材に対応しました。
各素材を登録した際の「種類」は、キャラクターパーツの場合「フェイスパーツ」「ボディパーツ」「ヘアパーツ」、「キャラクターテクスチャ」の場合「画像素材」と表示されます。

【修正内容】

  • その他、軽微な問題を修正しました。

Version 1.1.0

主な更新内容

【改良内容】

メニュー「素材一覧」 素材集リスト機能を追加

素材集の新規作成、削除の実行、および作成した素材集、ダウンロードした素材を表示する「素材集リスト」機能を追加しました。素材集のタイトルをクリックすると、素材集内のローカルにある素材(作成した素材・ダウンロードした素材)を一覧表示します。
また、素材パレットツリーから、素材集のタイトルに素材をドロップして追加することができるようになりました。
※この機能について詳しくは「CLIP STUDIOクイックマニュアル」「素材集の作り方ガイド」をお読みください。

メニュー「素材一覧」 デフォルトタグ「作成した素材」「ダウンロードした素材」を追加

「素材集リスト」の機能追加により、「作成した素材」「ダウンロードした素材」の絞込み表示をするための機能を移動しました。必ずタグクラウドの先頭に表示されるデフォルトタグとして「作成した素材」「ダウンロードした素材」を追加しました。

出品者以外でも、3D素材や素材集に素材/パーツを追加できるようにする機能を追加

「素材をさがす」の公開設定に「素材/パーツ追加の許可」を追加しました。この設定が「許可する」の場合で一定の条件を満たしたとき、出品者以外であっても素材やパーツを追加できます。
※この機能について詳しくは「みんなで素材を育てよう!」「素材を育てるガイド」をお読みください。

メニュー「素材一覧」 素材パレットツリーの表示を高速化

素材の読み込み方法を変更し、起動時およびフォルダタグ選択時に生じていた動作の遅延を軽減する対応を行いました。

メニュー「素材一覧」 各部名称の変更など

挙動をより分かりやすく、使いやすくするため、以下のように名称、動作の変更を行いました。

  • 旧)更新 → 新)最新情報を取得 ボタン 素材パレットツリー、素材集リスト、素材(集)情報画面でも実行できるよう変更しました。
  • 旧)情報、公開/編集 → 新)情報|編集/公開 ボタン 2つのボタンを1つに統合しました。これにより、ボタンを実行した場合とサムネイルをダブルクリックした場合の遷移先を「素材情報」画面に統一し、作成した素材である場合にのみ「編集/公開」画面へ遷移できるよう「編集/公開」ボタンが画面下部に表示される仕様に変更しました。
  • 旧)COORDINATEで編集 → 新)COORDINATEで開く ボタン

「設定」 メンテナンスメニューの追加

設定(歯車アイコン)内、メンテナンスメニューに「作品フォルダの再構築」「素材フォルダの再構築」を追加しました。 こちらのコマンドは原則、サポートやマニュアルなどで指示があった場合のみご使用ください。

一部3D素材の種類名称を変更

今後の用途などを踏まえ、以下のように素材の種類の名称を変更いたしました。

(1) 旧名称)3D小物 → 新名称)3Dオブジェクト
(2) 旧名称)モーション → キャラクターモーション

上記変更に伴い、「素材をさがす」での検索の詳細条件(「種類」)も変更いたしました。なお、「素材情報」での「種類」の表示は、本バージョン以前にCOORDINATEから登録された素材であれば自動的に新しい名称で表示されます。
例外として、COORDINATEから登録されていない素材の場合は、旧名称がそのまま表示されます。ただし、検索の詳細条件を新名称で指定した場合に、旧名称の素材も含めて結果を表示します(例:「3Dオブジェクト」で検索した場合は「3Dオブジェクト」「3D小物」が結果として表示されます)。

【修正内容】

  • 特定の条件下で「素材一覧」の素材パレットツリーで素材を削除した場合に、一覧の表示が正常に更新されない問題を修正しました。
  • 特定の条件下で起動した場合、素材を読み込まないなど、正常に動作しない問題を修正しました。
  • その他、軽微な問題を修正しました。

Version 1.0.9

主な更新内容

【修正内容】

  • Mac OS X Mavericksで、ウインドウを最小化した後に再度表示させることができません。この問題を修正しました。

Version 1.0.8

主な更新内容

【改良内容】

ライセンス期限切れ時のソフトウェアとの連携機能を追加

CLIP STUDIOシリーズ各ソフトウェアのライセンス期限(シリアルナンバーの有効期間)が終了した場合に、CLIP STUDIOを起動して「ソフトウェア情報」画面を表示し、ライセンス入手に関するご案内をすぐにご覧いただけるようになりました。

【修正内容】

  • Mac OS X Mavericks対応について
    • ・特定の操作を行った際にアプリケーションが強制終了する問題を修正しました。
    • ・特定の操作を行った際に画面が正しく遷移しない、モーダルウィンドウが正しく表示されない問題を修正しました。
  • 特定の条件で「素材をさがす」へ公開済の素材および素材集に編集が行うと、素材または素材集のサムネイルや解説・使用例が表示されない問題を修正しました。
  • アプリケーションおよびアップデータのダウンロードファイルの保存先を、一時フォルダからログインユーザーの「ダウンロード」フォルダに変更しました。
  • その他、軽微な問題を修正しました。

Version 1.0.7

主な更新内容

【改良内容】

全体的なデザイン変更およびユーザーインターフェースの見直し

ベースカラーの変更、新メニューの追加に伴う左メニューおよび上下メニューの整備・再配置・名称変更、通信管理・設定・ヘルプメニューの移動などをいたしました。各部名称と機能について詳しくは、ヘルプメニューからご覧いただける「CLIP STUDIO クイックマニュアル」をご覧ください。

START画面の仕様およびデザインを変更

キーワードが書かれたブロックをクリックすると、適切な画面または解説などを表示します。

新メニュー「ソフトウェア情報」画面を追加

CLIP STUDIOシリーズ各ソフトウェアのインストール状況、使用中のライセンス、アップデート情報、優待・購入・体験版に関するご案内などをご覧いただけます。「CLIP STUDIO START」→「ソフトウェア情報」よりご覧ください。

新メニュー「作品一覧」画面を追加

ローカルドライブに保存された作品ファイルを管理できます。
タグを付けて検索時に探しやすくする、ローカルフォルダとは違う分類で管理するなど、今までとは違う方法で作品を管理できます。
※この機能が対応しているのはPAINT(Ver.1.2.9 RC版以降)のみです。それ以外のソフトウェアで保存した作品は表示されません(今後対応予定です)。過去のPAINT作品ファイルを表示させる場合は、お手数ですが一度PAINT(Ver.1.2.9 RC版以降)で開き、保存し直してください。

【修正内容】

  • CLIP STUDIO MODELERで作成された「3D形状」素材について、はじめに格納されたフォルダから他のフォルダへ移動できません。その現象を修正しました。

Version 1.0.6

主な更新内容

【改良内容】

  • CLIP STUDIO MODELERで作成された「3D形状」素材に対応しました。

Version 1.0.5

主な更新内容

【修正内容】

  • 一部のCLIP STUDIO COORDINATEで作成された「3D小物」素材について、はじめに格納されたフォルダから他のフォルダへ移動できません。その現象を修正しました。
  • 特定の環境において、ノートン(TM) オンラインバックアップなど他社の製品と競合し、アプリケーションが起動できない場合があります。その現象を修正しました。
  • その他、軽微な問題を修正しました。

Version 1.0.4

主な更新内容

非同期通信機能、および通信管理メニューを追加

今までは「素材をさがす」でダウンロード、またはアップロードを実行完了までは待機状態となっていましたが、非同期通信機能によりダウンロード、またはアップロードを実行中でも他の画面へ移動することができます。また、通信の状態を確認できる「通信管理」メニューが追加されました。

通信管理メニュー

オートページ機能を追加

オートページ機能は、「ON」にすると一覧/検索画面の次のページを自動的に読み込む機能です。初期状態では「OFF」になっています。一覧/検索画面の右側に表示される「AUTO PAGE」タブをクリックするたびにON/OFFが切り替わります。

オートページ機能

※オートページ機能を「ON」の状態でページャーを使いページ移動した場合、オートページ機能は自動的に「OFF」に切り替わります。その際表示される、画面上下の「追加で読み込む」をクリックすると、それぞれ前のページ、後のページを表示します。

更新件数表示を追加

以下の更新があった場合に、メニューの右側に更新件数が表示されます。

更新件数表示

  • 「素材をさがす」で新規公開された素材があった場合
  • 新着の「お知らせ」があった場合

※「セルシスからのお知らせ」「あなたへのお知らせ」について両方の更新があった場合、「お知らせ(2) + (3)」のようにそれぞれの件数が表示されます。

Version 1.0.2

主な更新内容

複数の素材をまとめた、「素材集」を作成、公開、ダウンロード可能に

複数の3D素材やブラシ素材、画像素材などを素材集にまとめることができます。
素材集に含まれる素材を個別にダウンロードしたり、更新することも可能です。
素材集の作成方法について詳しくはこちらをご覧ください。

素材集

素材のアップロード、公開の方法を一部変更

素材をアップロードしたあとに「公開」ボタンをクリックすることで、他のユーザーに公開されるようになりました。

公開方法

素材集について

3Dキャラクター素材、3D背景素材を素材集に登録する場合は、CLIP STUDIO COORDINATE Ver.1.0.1の[ファイル]メニュー→[素材として登録]で、CLIP STUDIO Ver.1.0.2に登録した素材を素材集に追加します。

CLIP STUDIO COORDINATE Ver.1.0.0以前のバージョンで作成した3Dキャラクター素材、3D背景素材は、CLIP STUDIO COORDINATE Ver.1.0.1で旧バージョンのプロジェクトデータを読み込み、CLIP STUDIO Ver.1.0.2に素材を登録することで素材集に追加できます。

下記のCLIP STUDIO シリーズの各ソフトウェアの[素材]パレットでは、素材集は利用できません。

  • CLIP STUDIO PAINT Ver.1.2.1以前 および Ver.1.2.2 RC
  • CLIP STUDIO ACTION Ver.1.0.1以前

公開した素材の素材情報と、素材一覧の素材情報を同期可能に

「素材をさがす」に公開する素材の、タイトルや解説・使用例などの素材情報を編集、追加すると、[素材一覧]の素材の情報も同期して変更するようになりました。

[アップロード準備中・済の素材]フォルダーは、[作成した素材]フォルダーに統合

[素材一覧]の[アップロード準備中・済の素材]フォルダーは、[作成した素材]フォルダーに統合されます。
CLIP STUDIO Ver.1.0.1以前で[アップロード準備中・済の素材]フォルダーに表示されていた素材情報は、Ver.1.0.2の初回起動時に[作成した素材]フォルダーに移動されます。 その際に、[アップロード準備中・済の素材]に収録されていた素材の [タイトル]と[タグ]を公開用に変更していた場合は、[素材一覧]の素材情報で上書きされます。

※[サムネイル]、[紹介文]、[解説・使用例]は保存時のまま残ります。