マンガ、イラスト制作ソフト CLIP STUDIO PAINT for Windows | アップデータ ダウンロード | CLIP STUDIO

CLIP STUDIO PAINT for Windows アップデータ最新版

CLIP STUDIO PAINT for Windows Ver.1.7.8 アップデータダウンロード

【必ずお読みください】

1)  Ver.1.6.7以降、インストール時の言語選択画面では日本語を選択してください

2)  Ver.1.6.0以降の新3Dデータフォーマットについて

3)  Ver.1.5.0から、より快適にご利用いただけるファイル形式に変更されました

4)  Ver.1.4.3以前からアップデートされる方へ

CLIP STUDIO PAINT for Windowsのアップデータをダウンロードしてご利用いただけます。
体験版をご利用の方も最新バージョンにアップデートできます。

アップデータをインストールする際、必ずCLIP STUDIO、CLIP STUDIO PAINTを終了してから行ってください。
アップデート後、アプリケーションが起動しない等の症状が発生した場合は、こちらをご覧ください。

※アプリケーションのインストールは、必ず「システム管理者」の権限でコンピュータにログインのうえ、行ってください。

動作環境

アップデート方法

【アップデート】
  1. ダウンロードのリンクをクリックすると、ダウンロードが開始されます。 [保存]ボタンをクリックして、ファイルをデスクトップなどの分かりやすい場所に保存してください。
  2. CSP_1XXw_setup.exeをダブルクリックします。その後はインストール画面の指示にしたがってアップデートしてください。
【必ずお読みください】
  • アプリケーションのインストールは、必ず「システム管理者」の権限でコンピュータにログインのうえ、行ってください。
  • インストールの前に、すべてのアプリケーションを終了してください。
  • インスト―ル時に言語選択画面が表示されますが、日本語版のシリアルナンバーをご利用の場合は日本語を選択してください。
    誤って異なる言語を選択すると起動できなくなります。その場合は再インストール後、改めて日本語を選択してください。

このソフトウェアをインストールすると、「CLIP STUDIO」も同時にインストールされます。

リリースノート

CLIP STUDIO PAINT for Windows Ver.1.7.8 は、以前のバージョンに対して以下の修正内容等が加えられています。

Version 1.7.8の主な更新内容

CLIP STUDIO TABMATEの[ツールの変更]が、ツールの一時切り替え(ツールシフト)に対応しました。【EX/PRO/DEBUT】

[CLIP STUDIO TABMATE設定]ダイアログの[動作割り当て]から[ツールを変更]を選択した場合、[ツールの一時切り替え(ツールシフト)]に対応しました。ツールを切り替えたときに、[ツールプロパティ]パレットや[サブツール詳細]パレットの設定ができるようになりました。

【iPad】CLIP STUDIOで、アプリ設定のバックアップと復元ができるようになりました。【EX/PRO】

クラウドサービスに、[アプリ設定のバックアップをいますぐ行う]と[アプリ設定を復元する]が追加されました。バックアップしたCLIP STUDIO PAINTの設定は、異なるOS間や複数の環境で復元できます。

【iPad】はじめてペンを使用するときに、指でキャンバスを操作しながら、ペンで描画できるようになりました。【EX/PRO】

はじめてペンを認識したときに、[シングルスワイプ・ロングプレス]の設定が、[指とペンで異なるツールを使用]に切り替わるようになりました。

アニメーション制作機能の下記について機能改善や不具合を修正いたしました。【EX】

  • [ファイル]メニュー→[アニメーション書き出し]→[OpenToonzシーンファイル]で出力したシーンファイル(拡張子:tnz)が、相対パスに対応するようになりました。相対パスに対応したファイルを読み込むには、OpenToonz V1.2.0以上が必要です。
  • [ファイル]メニュー→[アニメーション書き出し]→[アニメーションセル出力]から、[PaintMan向けに出力]に設定して書き出した画像を、PaintManに読み込むと、[ファイルプレビューワー]パレットで画像がぼやけて表示される現象を修正いたしました。
  • [ファイル]メニュー→[アニメーション書き出し]→[アニメーションセル出力]で、[出力フォルダー名]の末尾に半角スペースがある場合、画像を書き出せない現象を修正いたしました。
  • [ファイル]メニュー→[アニメーション書き出し]→[OpenToonzシーンファイル]で、[出力フォルダー名]の末尾に半角スペースがある場合、画像を書き出せない現象を修正いたしました。
  • アニメーションフォルダーにないセルをクリップの最後に指定すると、[ファイル]メニュー→[アニメーション書き出し]→[タイムシート出力]で出力したCSVファイルにクリップ終端を示す「×」が出力されない現象を修正いたしました。

Version 1.7.8の修正内容

【改良内容】

下記の機能を改良いたしました。

共通
  • [CLIP STUDIO TABMATE設定]ダイアログの[動作割り当て]から[ツールを変更]を選択した場合、[ツールの一時切り替え(ツールシフト)]に対応しました。ツールを切り替えたときに、[ツールプロパティ]パレットや[サブツール詳細]パレットの設定ができるようになりました。

【仕様変更内容】

下記の機能を仕様変更いたしました。

共通
  • CLIP STUDIOから[アプリ設定を復元する]を実行したときに、異なるOS間でも、オートアクションの設定が復元できるようになりました。
EX
  • [ファイル]メニュー→[アニメーション書き出し]→[OpenToonzシーンファイル]で出力したシーンファイル(拡張子:tnz)が、相対パスに対応するようになりました。出力後にフォルダー名やフォルダーの場所を変更しても、OpenToonz上でToonzラスターレベルファイル(拡張子:tlv)を正しく読み込めます。相対パスに対応したファイルを読み込むには、OpenToonz V1.2.0以上が必要です。
EX/PRO
  • ワークスペースの読み込み完了後に、メッセージが表示されるようになりました。
  • ワークスペースが複数登録されている設定をCLIP STUDIOでバックアップした場合、異なるOSで[アプリ設定を復元する]を実行すると、CLIP STUDIO PAINTの起動直後にワークスペースが適用されません。ワークスペースを適用するには、CLIP STUDIO PAINTの[ウィンドウ]メニュー→[ワークスペース]からワークスペースを選択します。

【修正内容】

下記の問題を修正いたしました。

共通
  • 時間がかかる処理を実行しているときに、動作が不安定になる。
  • サイズが大きいテクスチャを使用した3D素材を読み込むと、正しく表示されない。
  • プログレスバーの表示後に、[コマンドバー]のアイコンが正しく更新されない。
  • ショートカットキーを使用して、[開く]ダイアログや[保存]ダイアログを表示すると、本来使用できるコマンドバーのアイコンが無効になる。
  • CLIP STUDIO TABMATEのボタンを押してパレットをポップアップ表示し、他のアプリケーションをアクティブにした状態でボタンを離すと、ポップアップ表示したパレットが残ったままになる。
  • 【Win】Windows10 Fall Creators Update適用後、Ver.1.5互換の3Dレイヤーの動作が遅くなる。
  • 【Win】次の操作後にタッチキーボードを使用すると、CLIP STUDIO PAINTが動作しない場合がある。
    • ・ ライセンス登録
    • ・ [ファイル]→[読み込み]のスキャナーを使用する操作
  • 【Win】修飾キーを押した状態でタブレットPCのペンを操作すると、マウスカーソルがブレて表示される。
  • 【Win】タブレットPCのペンを使用した右ドラッグ操作で、3Dレイヤーのカメラの前後移動ができない。
  • 【Win】アプリケーションがアクティブでないときに、CLIP STUDIO TABMATEのボタン操作でツールが切り替わる。
EX/PRO
  • 下記の条件を満たしたベクター線に対して、[制御点を追加して修正]をオンにした[線幅修正]ツールを使用すると、強制終了する。
    • ・ 線が閉じている。
    • ・ スプライン曲線で描画している。
EX
  • [製本3Dプレビュー]ダイアログを表示中に、キーボードショートカットの使用や文字入力ができない。
  • [ファイル]メニュー→[アニメーション書き出し]→[アニメーションセル出力]から、[PaintMan向けに出力]に設定して書き出した画像を、PaintManに読み込むと、[ファイルプレビューワー]パレットで画像がぼやけて表示される。
  • [ファイル]メニュー→[アニメーション書き出し]→[アニメーションセル出力]で、[出力フォルダー名]の末尾に半角スペースがある場合、画像を書き出せない。
  • [ファイル]メニュー→[アニメーション書き出し]→[OpenToonzシーンファイル]で、[出力フォルダー名]の末尾に半角スペースがある場合、画像を書き出せない。
  • アニメーションフォルダーにないセルをクリップの最後に指定すると、[ファイル]メニュー→[アニメーション書き出し]→[タイムシート出力]で出力したCSVファイルにクリップ終端を示す「×」が出力されない。
  • 【Win】プラグインストアのプラグインの使用後に、タッチキーボードを使用すると、CLIP STUDIO PAINTが動作しない場合がある。

搭載予定の機能

CLIP STUDIO PAINTの機能一覧および、今後搭載予定の機能につきましては、下記をご覧ください。

リリースノート履歴

以前のアップデータ

動作環境変更前のアップデータ(Ver.1.5.4)

※変更前の動作環境についてはこちらをご覧ください。
※Ver.1.6.0以前のCLIP STUDIOは、CLIP STUDIO PANTの起動はできますが、ログインおよびログインが必要な機能はご利用いただけません。