CLIP STUDIO PAINT PRO 次回リリースについてのお知らせ(更新) | CLIP STUDIO


最新情報

最新情報一覧

CLIP STUDIO PAINT PRO 次回リリースについてのお知らせ(更新)

2012年9月10日
CLIP STUDIO PAINT PROの次回リリース予定を変更いたしました。最新情報は下記をご覧ください。
2012年8月22日

日頃より弊社製品ならびに各種サービスをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

CLIP STUDIO PAINT PROの次回リリースは、9月12日(水)にVer.1.0.5先行プレビュー版(RC版)の公開を予定しております。
このため、CLIPおよびCLIP STUDIOドットネットにおきまして、8月下旬・8月末に修正、公開予定とご案内していました一部の機能につきまして、正規版としての公開は9月末に変更させていただきます。
ご期待いただいているユーザーの皆様には、お待ちいただくことになり申し訳ございません。

詳細につきましては、下記の対応、搭載予定時期についてをご覧ください。

CLIP STUDIO PAINT PRO公開予定

CLIP STUDIO PAINT PRO for Windows Ver.1.0.5先行プレビュー版(RC版)
CLIP STUDIO PAINT PRO for Mac OS X Ver.1.0.5先行プレビュー版(RC版)
9月12日(水)
CLIP STUDIO PAINT PRO for Windows Ver.1.1.0
CLIP STUDIO PAINT PRO for Mac OS X Ver.1.1.0
9月末

Ver.1.0.5先行プレビュー版の主な更新内容

主な更新予定の内容は下記の通りです。

「CLIP STUDIO」から素材のアップロード、ダウンロードが可能になります

CLIP STUDIO PAINTで作成した素材を簡単に公開、共有したり、素材をダウンロードしてすぐに使用できる便利な機能をお試しいただけます。
今後、「CLIP STUDIO」を通じて、さまざまな機能やサービスを追加するとともに、ACTION、COORDINATEなどCLIP STUDIOシリーズ各製品との連携を予定しております。

トーンの機能が強化されます

レイヤーをトーン化するときに、レイヤーの不透明度が網点の大きさに反映されるようになります。レイヤーの不透明度を変更した場合も、網点自体の色が薄くならないため、モノクロ出力時などに発生するモアレを防げます。

ツールが追加されます

イラストやマンガ制作に便利なツールが追加されます。

[コピースタンプ]サブツールが追加されます。画像の一部を選択すると、離れた場所にペンで描くように転写できます。

[ごみ取り]サブツールが追加されます。キャンバスから描画のごみを抽出し、削除できます。その他にも、ごみだけを選択範囲にしたり、周囲の色に合わせて塗りつぶしたりなど、用途に合わせてツールをカスタマイズできます。

グリッドを表示できます

キャンバスにグリッドが表示できるようになります。また、グリッドにスナップしながら線を引けるようになります。定規を作成しなくても、等間隔の直線を簡単に描けます。

対応、搭載予定時期について

CLIPおよびCLIP STUDIOドットネット等におきまして、8月下旬・8月末に修正、公開予定とご案内していました項目の対応、搭載予定時期をご案内いたします。

下記の項目につきましては、先行プレビュー版(RC版)に搭載されますが、正規版としては9月末のVer.1.1.0での対応を予定しております。

項目 先行プレビュー版 正規版
Webと連携し、素材の公開・ダウンロード等が便利になる仕組み Ver.1.0.5 RC
9月12日(水)
Ver.1.1.0
9月末
[トーン]・[3D]レイヤーを高速化し、レイヤーを多数作成した場合のアプリケーションの動作速度を改善します。 Ver.1.0.4 RC
公開中
Ver.1.1.0
9月末
lip形式でのファイル保存時に最適化オプションを追加し、容量の最適化を行います。 Ver.1.0.4 RC
公開中
Ver.1.1.0
9月末
下記の項目につきましては、対応時期が決まり次第、当サイト等でご案内させていただきます。
  • IllustStudio 素材パレットの移行
  • QUMARIONのポーズとCLIP STUDIO PAINT上の3Dキャラクターの表示をあわせるキャリブレーション機能の追加を行います。