CLIP STUDIO PAINT Ver.1.5.3アップデータ公開のお知らせ | CLIP STUDIO


最新情報

最新情報一覧

CLIP STUDIO PAINT Ver.1.5.3アップデータ公開のお知らせ

2016年1月20日

CLIP STUDIO PAINT EX/PRO/DEBUT Ver.1.5.3アップデータ(Windows版/Mac OS X版)を1月20日(水)に公開いたしました。同梱のCLIP STUDIOもVer.1.5.2にアップデートしました。
下記よりアップデータをダウンロードしてご利用ください。体験版をご利用の方もアップデータにより最新バージョンにしていただけます。

CLIP STUDIO PAINTの主な更新内容

Ver.1.5.3では下記の更新をいたしました。

以下の問題を修正しました

  • Ver.1.5.0以降の環境で、出力サイズを変更して画像ファイルに書き出すと、画像の端に1ピクセル程度の隙間が発生する場合があります。その現象を改善しました。
  • 3Dレイヤーを複数使用している状態で、フチやライン抽出などの効果を付けると、表示倍率の変更などの操作時に、アプリケーションが終了する場合があります。その現象を修正しました。
  • [タイムライン]パレットに不正なクリップを含む場合、クリップに対して[セル指定の削除]などの操作を行うと、アプリケーションが正常に動作しないことがあります。その現象を修正しました。
  • タイムラインの再生時に、キャンバス上でマウスやペンタブレットの操作中に再生を終了すると、アプリケーションが正常に動作しない場合があります。その現象を修正しました。
  • 「ソフトウェアを起動しています。しばらくお待ちください。」と表示されたまま、起動しない場合があります。その現象を修正しました。
  • 【Win】64bit版のOSをお使いの場合、起動時にパレットが表示されないなど、正しく起動できないことがあります。その現象を修正しました。
  • 【Mac】一部の環境で、正常に起動しない現象を修正しました。

既知の問題点などはリリースノートをご覧ください。

CLIP STUDIOの主な更新内容

Ver.1.5.2では下記の更新をいたしました。

  • 素材をさがす(Web)からCLIP STUDIOを起動できるようになりました。