CLIP STUDIO PAINT Ver.1.5.5 / CLIP STUDIO ACTION Ver.1.5.5アップデータ公開予定のお知らせ | CLIP STUDIO


最新情報

最新情報一覧

CLIP STUDIO PAINT Ver.1.5.5 / CLIP STUDIO ACTION Ver.1.5.5アップデータ公開予定のお知らせ

2016年4月7日

CLIP STUDIO PAINT EX/PRO/DEBUT Ver.1.5.5およびCLIP STUDIO ACTION Ver.1.5.5 アップデータ(Windows版 / Mac OS X版)を4月20日(水)に公開予定です。CLIP STUDIOもあわせて、Ver.1.5.5にアップデートいたします。

CLIP STUDIO PAINTの主な更新予定内容

Ver.1.5.5では下記の更新を予定しております。

合成モードが追加されます【EX/PRO/DEBUT】

レイヤーの合成モードが12種類追加されます。現状の17種から29種になり、より多彩な表現が可能になります。

追加予定の合成モード

ビビッドライト、リニアライト、ピンライト、ハードミックス、除外、カラー比較(暗)、カラー比較(明)、除算、色相、彩度、カラー、輝度

タイムラインの操作がしやすくなります【EX/PRO/DEBUT】

タイムラインパレットのメニューからビューを2段で表示し、またセル指定、再生/停止、再生設定、ライトテーブルの操作が行えるようになるなど、アニメーション機能のタイムラインがより操作しやすくなります。

ファイルサイズの軽量化 【EX/PRO】

モノクロレイヤーの保存を最適化します。
モノクロ作品では 10~20% 従来よりファイルサイズが小さくなります。
※カラーレイヤーを含むCLIPファイルの更なる軽量化や、高速表示用キャッシュを除外して受け渡しに最適化する保存など、今後も引き続きCLIPファイルの利便性を向上してまいります。

図形作成のプレビュー表示を選べるようになります【EX/PRO/DEBUT】

図形などを描画中、線の色や太さなど、実際の設定内容でプレビュー表示ができるようになります。

そのほか、ソフトウェアのインターフェースカラーや取り消し回数など、いくつかの設定の初期値を変更する予定です。
環境設定を一度も変更されていないお客様は、アップデート後、新しい初期値が適用される場合がありますが、設定を変更することにより以前の設定に戻すことができます。

CLIP STUDIOの主な更新予定内容

Ver.1.5.5では下記の更新を予定しております。

デザインをリニューアルいたします

CLIP STUDIOのデザイン、インターフェースをリニューアルいたします。
画面上部に前回作業したファイルが表示され、また最新のトピックス情報を一覧でご覧いただけます。

「プラグインストア」サービスを追加します

CLIP STUDIO PAINT EXの機能拡張ができるプラグインを購入/ダウンロードできる新サービス「プラグインストア」サービスを追加いたします。
CLIP STUDIO PAINT SDKを使用して開発したプラグインを公開することもできます。これに伴い、「プラグイン一覧」画面を廃止予定です。

※CLIP STUDIO PAINTのプラグインは、EXのみでご利用いただけます。
※「PDF入出力プラグイン」や「開発コンテスト受賞プラグイン」を従来のバージョンでインストールされている方は、特別な操作をせずにそのままご利用いただけます。

素材の保存場所を変更できるようになります

CLIP STUDIOで素材の保存場所を変更できるようになります。

CLIP STUDIO ACTIONの主な更新予定内容

Ver.1.5.5では下記の更新を予定しております。

タイムラインの操作がしやすくなります

CLIP STUDIO ACTIONにつきましても、タイムラインパレットのメニューからビューを2段で表示したり、トラックやキーフレームの操作が行えたりするなど、タイムラインがより操作しやすくなります。