CLIP STUDIO PAINT Ver.1.5.6アップデータ公開のお知らせ | CLIP STUDIO


最新情報

最新情報一覧

CLIP STUDIO PAINT Ver.1.5.6アップデータ公開のお知らせ

2016年5月25日

CLIP STUDIO PAINT EX/PRO/DEBUT Ver.1.5.6アップデータ (Windows版/Mac OS X版) を5月25日(水)に公開いたしました。CLIP STUDIOもあわせて、Ver.1.5.6にアップデートいたしました。

下記よりアップデータをダウンロードしてご利用ください。体験版をご利用の方もアップデータにより最新バージョンにしていただけます。

CLIP STUDIO PAINTの主な更新内容

Ver.1.5.6では下記の更新をいたしました。すべての更新内容はリリースノートをご覧ください。

Retinaディスプレイ対応 (Mac OS X版) 【EX/PRO/DEBUT】

アプリケーションやキャンバスなどをRetinaディスプレイの本来の解像度で表示できるようになりました。

 

「デンキ街の本屋さん」水あさと (MFコミックス/メディアファクトリー刊) ©水あさと/メディアファクトリー

Retinaディスプレイでは以前のバージョンと比べて高解像度のキャンバスを表示するため、変形操作や3Dレイヤーの編集処理など従来より時間がかかる場合がございます。

「Retinaディスプレイでのご利用について」のよくあるご質問は、下記をご確認ください。

[出力範囲]の設定に[選択範囲]を追加しました【EX】

[ファイル]メニュー → [画像を統合して書き出し]を選択したときに表示されるダイアログの[出力範囲]に、[選択範囲]が追加されました。選択範囲の幅と高さに合わせた矩形内の画像を書き出せます。

その他の改善点

  • [消しゴム]ツールに、スナップ可能な[スナップ消しゴム]サブツールを追加しました。 【EX/PRO】
  • [グラデーション]ツールに、[マンガ用グラデーション]サブツールを追加しました。ツールを選択するだけで黒と透明色のグラデーションを描画できます。 【EX/PRO/DEBUT】

その他の改善点 (Mac OS X版)

  • キャンバス描画のパフォーマンスを改善しました。ブラシ描画による遅延が軽減されました。 【EX/PRO/DEBUT】

CLIP STUDIOの主な更新内容

Ver.1.5.6ではいくつかの不具合を修正いたしました。

  • 一部の環境で、CLIP STUDIOが正しく起動できない場合がありました。その問題を修正しました。
  • クラウド機能が有効になっている環境で、CLIP STUDIOに自動ログインできない場合がありました。その問題を修正しました。

その他の修正内容・既知の問題点などは、リリースノートをご覧ください。