CLIP STUDIO PAINT Ver.1.6.0アップデータ公開のお知らせ | CLIP STUDIO


最新情報

最新情報一覧

CLIP STUDIO PAINT Ver.1.6.0アップデータ公開のお知らせ(更新)

2016年7月29日(更新)

7月28日公開のCLIP STUDIO PAINT EX/PRO/DEBUT Ver.1.6.0 Mac OS X版でファインダー上にCLIP STUDIOフォーマットのファイル(ファイル形式:clip)のプレビューが表示されなくなる問題を確認いたしました。
この問題を修正したVer.1.6.1 Mac OS X版を公開いたしました。
大変お手数をおかけいたしますが、Ver.1.6.0 Mac OS X版をご利用のユーザーさまは最新のVer.1.6.1をご利用いただけますよう、お願い申し上げます。
ご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。

2016年7月28日

CLIP STUDIO PAINT EX/PRO/DEBUT Ver.1.6.0アップデータ (Windows版/Mac OS X版) を7月28日(木)に公開いたしました。CLIP STUDIOもあわせて、Ver.1.6.0にアップデートいたしました。

下記よりアップデータをダウンロードしてご利用ください。体験版をご利用の方もアップデータにより最新バージョンにしていただけます。

また、今後のPAINTアニメ制作機能のアップデート予定をあわせてご案内いたします。
こちらをご覧ください。

CLIP STUDIO PAINTの主な更新内容

Ver.1.6.0では下記の更新をいたしました。すべての更新内容はリリースノートをご覧ください。

ブラシの不透明度を筆圧で調整できるようになりました 【EX/PRO/DEBUT】

ブラシの不透明度に影響元を設定できるようになりました。影響元に筆圧を設定し、ご要望の多かった筆圧によって不透明度が変わるブラシを作成できます。

ブラシの不透明度を筆圧で調整できるようになりました

この設定を利用した下記の新たなサブツールを追加しました。

重ねムラブラシ重ねムラブラシ フラットマーカーフラットマーカー にじみ薄墨にじみ薄墨

3Dデータのファイルフォーマットが変更になり、3Dレイヤーの操作性が向上しました【EX/PRO/DEBUT】

CLIP STUDIO PAINTに読み込める3Dキャラクター、3D背景などのファイルフォーマットが変更になりました。それにともない、3D編集用の高速表示モード、レンダリング設定、マニピュレータの改修など、3Dレイヤーの機能や操作性が向上します。
Ver.1.6.0以降のソフトウェアに含まれている3D素材は新フォーマットのデータです。

高速表示モード
高速表示モード

マニピュレータの改修
マニピュレータの改修

※過去にご自身で作成された3D素材と「素材をさがす」でダウンロードされた3D素材は引き続きご利用いただけますが、新フォーマットの3Dデータとは別のレイヤーで扱われ、連動いたしません。なお、lwo/objファイルなどの汎用3Dデータは、新フォーマットと同じレイヤーに読み込まれ、新フォーマットと同様に操作することができます。(2016/7/29更新)

その他の改善点

CMYKカラーでJPEG形式に出力した際に、解像度が72dpiに変わってしまう現象を修正しました 【EX/PRO】

3Dレイヤー編集時のパースの値の計算方法が変更されました 【EX/PRO/DEBUT】

CLIP STUDIOの主な更新内容

Ver.1.6.0では下記の更新をいたしました。

素材を別途インストールする必要がなくなり、CLIP STUDIOから利用できるようになりました

これまで、インストール後の初回セットアップ時にCLIPサイトからZipファイルをダウンロードして、追加素材をインストールする必要がありましたが、CLIP STUDIO起動時に自動的にダウンロードを行い、利用できます。

素材を別途インストールする必要がなくなり、CLIP STUDIOから利用できるようになりました

※すでに追加素材をインストールされている場合は、今回のアップデートで新たに追加された素材のみがダウンロードされます。インストール済みの素材が再度ダウンロードされることはありません。
※フォントとメーカートーン(Akaboo、MAXON、SAMの単色パターン素材)は、今まで通り別途インストールしてください。
※ファイルサイズが250KB以上の素材は起動時にサムネイルのダウンロードのみを行い、使用する際にデータのダウンロードを行います。

その他の改善点

CLIP STUDIOの付属素材を一括で同期できるようになりました。

CLIP STUDIO PAINTアニメーション制作機能の更新予定

アニメーターの皆さまからご要望の多い以下の機能向上を今後のアップデートで予定しております。

  • アニメーションフォルダー内のセルを一覧で表示し、管理しやすくする機能

アニメーションフォルダー内のセルを一覧で表示し、管理しやすくする機能

  • タイムラインにおいてセル切り替えのタイミングなどをわかりやすく表示する機能

タイムラインにおいてセル切り替えのタイミングなどをわかりやすく表示する機能

その他にも下記の機能追加を予定しております。
  • RETAS STUDIO Stylos同様のハーフトーン表示機能
  • 所定の色以外の色もトレス線として認識し、PAINTMAN向けに出力できる機能
  • ラベルの色を変更したり、特定の範囲の目印などにも活用できるラベル機能の拡張