Next Topic
Previous Topic
Previous Topic
Next Topic

 

アニメーションセルパレットの機能

[アニメーションセル]パレットの機能について説明します。

577_animationcell_plt_001.jpg

 

A.ライトテーブル上のレイヤーの位置をリセット

移動や変形を行ったライトテーブルレイヤーを、初期状態に戻します。


 

[アニメーション]メニュー→[ライトテーブル]→[ファイルを選択してライトテーブルに登録する]から、ライトテーブルに登録したレイヤーの場合、レイヤーの中心と基本フレームの中心を揃えた位置に戻ります。

 

B.ライトテーブル上のレイヤーを左右反転

オンにすると、選択したライトテーブルレイヤーが左右反転して表示されます。

C.ライトテーブル上のレイヤーを上下反転

オンにすると、選択したライトテーブルレイヤーが上下反転して表示されます。

D.不透明度の対象を全体/個別で切り替え

オンにすると、すべてのライトテーブルレイヤーを対象として、不透明度を設定します。

オフにすると、選択したライトテーブルレイヤーを対象として、不透明度を設定します。

E.不透明度

ライトテーブルレイヤーの不透明度を設定します。不透明度にする対象は、[不透明度の対象を切り替え]で設定します。

F.表示方法

クリックすると、メニューが表示され、ライトテーブルレイヤーの表示方法を設定できます。

カラー

セルやレイヤーの色を、そのまま表示します。

ハーフカラー

セルやレイヤーの色を維持したまま、[レイヤーカラーを変更]で設定した色を合成して表示します。

モノクロ

セルやレイヤーの色をグレー化し、黒を[レイヤーカラーを変更]で設定した色に、白を[サブカラーを変更]で設定した色に置き換えて表示します。

レイヤーカラーを変更

[色の設定]ダイアログが表示され、レイヤーカラーの表示色を設定します。[表示方法]を[ハーフカラー]や[モノクロ]に設定した場合に、設定が反映されます。

サブカラーを変更

[色の設定]ダイアログが表示され、サブカラーの表示色を設定します。[表示方法]を[モノクロ]に設定した場合に、設定が反映されます。

 

 

·ライトテーブルレイヤーの表示方法は、[レイヤープロパティ]パレットでも、設定できます。操作方法の詳細はレイヤープロパティパレット【PRO/EX】ライトテーブルレイヤーを選択した場合を参照してください。

·ライトテーブルレイヤーの表示方法の初期設定を、[環境設定]ダイアログで設定できます。詳細はメニューファイルメニュー環境設定【Windows】ライトテーブルを参照してください。

 

G.ライトテーブルを有効化

オンにすると、キャンバスにライトテーブルレイヤーが表示されます。オフにすると、ライトテーブルレイヤーが非表示になります。

H.現在のアニメーションセルを編集対象に固定

[編集対象セル]に登録されているセルを固定します。[レイヤー]パレットや[タイムライン]パレットで他のセルを選択しても、[アニメーションセル]パレットの[編集対象セル]が切り替わらなくなります。


 

[前のセルを選択]や[次のセルを選択]を実行した場合は、[編集対象セル]のセルが切り替わります。

 

I.前のセルを選択

選択しているセルやレイヤーにより、動作が異なります。

編集対象セル

タイムラインが有効な場合、タイムラインの表示順序にしたがって、[編集対象セル]を前のセルに切り替えます。

ライトテーブルレイヤー

[レイヤー]パレットの表示順序に従って、表示するライトテーブルレイヤーを切り替えます。クリックすると、1つ下のレイヤーを表示します。併せて、編集対象セルに紐づくライトテーブルレイヤーも変更されます。

 

J.次のセルを選択

選択しているセルやレイヤーにより、動作が異なります。

編集対象セル

タイムラインが有効な場合、タイムラインの表示順序にしたがって、[編集対象セル]を次のセルに切り替えます。

ライトテーブルレイヤー

[レイヤー]パレットの表示順序に従って、表示するライトテーブルレイヤーを切り替えます。クリックすると、1つ上のレイヤーを表示します。併せて、編集対象セルに紐づくライトテーブルレイヤーも変更されます。

 

K.新規アニメーションセル

クリックすると、セルが新規作成されると同時に、[編集対象セル]が作成されたセルに切り替わります。

[アニメーション]メニュー→[新規アニメーションセル]と同様に、[タイムライン]パレットにセルが指定されるため、セルの描画や編集もできます。

L.ファイルを選択して登録

他の画像ファイルを、[アニメーションセル]パレットにライトテーブルレイヤーとして登録します。登録できるファイル形式は、CLIP STUDIO FORMAT(拡張子:clip)・BMP・JPEG・PNG・TIFF・Targa・Adobe Photoshopドキュメント(拡張子:psd)・Adobe Photoshopビッグドキュメント(拡張子:psb)です。

選択すると、ファイルを選択するダイアログが表示されます。ファイルを選択すると、[アニメーションセル]パレットに画像が登録されます。

·[アニメーションセル]パレットに[編集対象セル]が設定されている場合は、[セル固有のライトテーブル]に登録されます。

·[アニメーションセル]パレットに[編集対象セル]が設定されていない場合は、[キャンバス共通ライトテーブル]に登録されます。


 

·CLIP STUDIO FORMAT(拡張子:clip)・Adobe Photoshop ドキュメント(拡張子:psd)・Adobe Photoshop ビッグドキュメント(拡張子:psb)のように、複数のレイヤーを持つファイルの場合、[アニメーションセル]パレットでは、レイヤーが統合された状態で登録されます。

·他のファイルから登録したライトテーブルレイヤーは、ファイルオブジェクトレイヤーと同様に、他のファイルを参照しています。ファイルオブジェクトレイヤーは、読み込んだファイルの保存先のみが記録されます。このため、登録したファイルの保存先を変更した場合、またはキャンバスの保存先を変更した場合は、[オブジェクト]ツールでライトテーブルレイヤーを選択し、ファイルの場所を指定し直してください。

 

M.選択中のレイヤーを登録

[レイヤー]パレットで選択しているレイヤーを、[アニメーションセル]パレットにライトテーブルレイヤーとして登録します。

[アニメーションセル]パレットに[編集対象セル]が設定されており、[現在のセルを編集対象に固定する]がオンの場合、[セル固有のライトテーブル]に登録されます。

[アニメーションセル]パレットに[編集対象セル]が設定されていない場合は、[キャンバス共通ライトテーブル]に登録されます。


 

·レイヤーフォルダーやレイヤーマスクを含むレイヤーの場合、[アニメーションセル]パレットでは、レイヤーフォルダーやマスクが統合された状態で登録されます。

·複数のレイヤーをまとめて登録したい場合は、[レイヤー]パレットで、[Ctrl]キーを押しながらレイヤーを選択します。

·単独のレイヤーを登録したい場合は、[現在のセルを編集対象に固定する]をオンにしてから登録します。

 

N.ライトテーブルからすべての画像の登録を解除・ライトテーブルから選択中の画像の登録を解除

[アニメーションセル]パレットで[編集対象セル]を選択している場合、[ライトテーブルからすべての画像の登録を解除]が表示されます。[アニメーションセル]パレットから、すべてのライトテーブルレイヤーの登録を解除します。

[アニメーションセル]パレットで特定のライトテーブルレイヤーを選択している場合、[ライトテーブルから選択中の画像の登録を解除]が表示されます。[アニメーションセル]パレットから、選択したレイヤーの登録を解除します。

いずれも、[アニメーションセル]パレットからは解除されますが、元のレイヤーは残ります。

O.ライトテーブルツール

使用するツールを、[ライトテーブル]ツールに切り替えます。[ライトテーブル]ツールについては、『操作ツール』や『ライトテーブルレイヤーの操作』を参照してください。

P.セル固有ライトテーブルを表示

[セル固有ライトテーブル]の表示・非表示を切り替えます。[アニメーションセル]パレット上で非表示にしても、[セル固有ライトテーブル]のライトテーブルレイヤーは、キャンバスに表示されます。

Q.キャンバス共通ライトテーブルを表示

[キャンバス共通ライトテーブル]の表示・非表示を切り替えます。[アニメーションセル]パレット上で非表示にしても、[キャンバス共通ライトテーブル]のライトテーブルレイヤーは、キャンバスに表示されます。

R.編集対象セル

描画などの編集を行うためのセルです。[レイヤー]パレットで選択したセルが表示されます。

レイヤーフォルダーをセルにしている場合は、レイヤーフォルダーに含まれるセルがすべて表示されます。

[レイヤー]パレットから別のセルを選択すると、[編集対象セル]に表示されるセルも切り替わります。


 

·レイヤーの選択や、表示状態の切り替えなどは、[レイヤー]パレットと同様の操作を行えます。操作方法の詳細はレイヤーパレットレイヤーパレットの機能を参照してください。

·[Space]キーを押しながら上下にドラッグすると、編集対象セルをスクロールできます。

 

S.セル固有ライトテーブル

[編集対象セル]を描画するときに、参考にしたい画像やセル(レイヤー)を登録する領域です。

登録するには、[レイヤー]パレットから参考にしたいセル(レイヤー)を、[アニメーションセル]パレットの[セル固有ライトテーブル]にドラッグ&ドロップします。

登録された画像は、「ライトテーブルレイヤー」としてキャンバスに表示されます。

[セル固有ライトテーブル]に登録されたレイヤーは、[編集対象セル]のセルに紐づけられます。[編集対象セル]を切り替えると、[セル固有ライトテーブル]の内容も切り替わります。

ライトテーブルレイヤーの[表示方法]を[ハーフカラー]に設定している場合は、[レイヤーカラー]がアイコンに表示されます。ライトテーブルレイヤーの[表示方法]を[モノクロ]に設定している場合は、[レイヤーカラー]と[サブカラー]がアイコンに表示されます。


 

·ライトテーブルレイヤーは、サイズや位置を変更できます。編集方法については、ライトテーブルレイヤーの操作を参照してください。なお、ライトテーブルレイヤーを変更しても、元のレイヤーに変更内容は反映されません。

·[Space]キーを押しながら上下にドラッグすると、セル固有ライトテーブルをスクロールできます。

 

T.キャンバス共通ライトテーブル

キャンバス内のすべてのセルを描画するときに、参考にしたい画像やセル(レイヤー)を登録する領域です。

登録するには、[レイヤー]パレットから参考にしたいセル(レイヤー)を、[アニメーションセル]パレットの[キャンバス共通ライトテーブル]にドラッグ&ドロップします。

登録された画像は、「ライトテーブルレイヤー」としてキャンバスに表示されます。

[キャンバス共通ライトテーブル]は、[編集対象セル]を切り替えても、内容が切り替わりません。

ライトテーブルレイヤーの[表示方法]を[ハーフカラー]に設定している場合は、[レイヤーカラー]がアイコンに表示されます。ライトテーブルレイヤーの[表示方法]を[モノクロ]に設定している場合は、[レイヤーカラー]と[サブカラー]がアイコンに表示されます。


 

·ライトテーブルレイヤーは、サイズや位置を変更できます。編集方法については、ライトテーブルレイヤーの操作を参照してください。なお、ライトテーブルレイヤーを変更しても、元のレイヤーに変更内容は反映されません。

·[Space]キーを押しながら上下にドラッグすると、キャンバス共通ライトテーブルをスクロールできます。

 

 

 

Previous Topic
Next Topic
 

目次

-検索-

戻る