3Dデータセットアップツール CLIP STUDIO MODELER

3Dモデリングソフトウェア CLIP STUDIO MODELER

CLIP STUDIO MODELER の特徴

CLIP STUDIO PAINT用の3D素材を作成するための、セットアップツールです。作画が難しかったり、繰り返し登場するオブジェクトや背景、キャラクターを3Dで作成・編集して、作画のスピードと品質をアップしましょう。シンプルな操作によるモデリング機能で各3D素材のパーツとして活用できる、3D形状も作成できます。

CLIP STUDIO MODELER 体験版

CLIP STUDIO PAINT用の3D素材セットアップ機能は体験版で保存を含め、使用期限なくすべての機能をご利用いただけます。
試用登録を行うと、30日間モデリング機能もお試しいただけます。

※モデリング機能をご利用の場合は、バリュー版、ダウンロード版をご購入ください。

製品購入案内

CLIP STUDIO MODELER の機能紹介

3Dオブジェクトのセットアップ

一般的な3Dデータを読み込み、いすやコップ、楽器などの3Dオブジェクトの素材化ができます。テクスチャの切り替えや可動パーツ、回転状態の設定も可能です。

3Dオブジェクトセットアップ画面

マテリアルの設定でカラーバリエーションの切り替え

可動パーツも設定可能

オブジェクトの向きを設定

3D背景のセットアップ

3Dデータやテクスチャを組み合わせて、3D背景をセットアップできます。扉やドアなどを可動パーツとして開閉したり、テクスチャを変更して昼間や夕方などの状態に切り替えられる3D背景も作成できます。

テクスチャやパーツを切り替えられる3D背景をセットアップ

扉も動かせる

3Dキャラクターのセットアップ

キャラクターの3Dデータを読み込んで、3Dキャラクターをセットアップできます。ボーンが入っていない3Dキャラクターも、ボーン設定機能により、CLIP STUDIO PAINTで動作するキャラクターとして簡単にセットアップ可能です。

モデリング機能

シンプルな操作によるポリゴンモデリングで自由な3D形状を1から作成できます。ポリゴンモデリングに必要とされる機能を厳選。
モデリングした3Dデータは、CLIP STUDIO PAINTで使用する3Dオブジェクトや3D背景、3Dキャラクターなどのパーツとして活用できます。

さまざまな3Dデータを読み込んで利用可能

汎用形式ファイルの入力に対応しているため、さまざまなファイルを読み込んで、CLIP STUDIO PAINT用の3D素材を作成できます。
以下のファイル形式の読み込みに対応しています。

3Dデータ FBX(Autodesk)、OBJ(WaveFront)、LWO(LightWave)、6KT/6KH(六角大王)、CMO(CLIP STUDIO MODELER)

※LWO2の読み込みは今後対応を予定しています。

使い方講座

マニュアル

ご意見・ご要望をお寄せください

CLIP STUDIO MODELERは、ユーザーの皆様のご意見・ご要望に基づき、今後も一層の機能の拡充を図ってまいります。こちらへご意見やご要望をお寄せいただけますと幸いです。