日本語 / ENGLISH

QUMARION×CLIP STUDIO PAINT メイキング

著者:redjuice

発売前に、試作品のQUMARIONとCLIP STUDIO PAINTにて、作例を執筆する機会をいただきました。
折角ですので、メイキングの形で皆様にご紹介させていただきます。
※ 本メイキングは開発中のQUMARIONおよびCLIP STUDIO PAINTを使用しており、一部製品版と異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。

「QUMARION初回限定パッケージ」には、初回限定特典としてredjuice氏の描き下ろしポスター(本メイキングの作品)のほか、浅井真紀氏との対談を収録した小冊子を同梱しております。
製品情報はこちら

1. QUMARIONで3Dモデルを動かす

1. QUMARIONとCLIP STUDIO PAINT

開発中のCLIP STUDIO PAINTを使用して[素材]パレットにある3DモデルをQUMARIONで操作しました。PCにQUMARION を接続し、CLIP STUDIO PAINTを立ち上げます。
今回使用したモデルは、[デフォルトモデル]です。

※ 製品版に同名のモデルは入っていません。
※ 製品版にある[体型調整]などは未実装でしたのでここでは行っていません。

選択したキャラクターが自動的にQUMARIONと連動しました。

おもむろにQUMARIONを触ります。
今回は、特に絵でのラフを作成せず、QUMARIONのポーズからイメージを膨らませることにしました。
触っているうちに、自然と人らしいポーズができています。
QUMARIONの関節の可動域は人間に近いので、人体の構造を熟知していなくても、無理のないポーズをとらせることができます。

CLIP STUDIO PAINT上でも、自然と同様のポーズができています。
[3D素材を回転]アイコン でモデルを回転させます。
[モデルを底面に設置]のアイコン を押すと、キャラクターが接地します。

モニター画面を見ながら、QUMARIONでポーズの調整をします。

開発中だからか一部連動しない関節があり、QUMARIONだけで調節が難しい部分についてはパーツを直接操作しました。

作成したポーズは、[素材]パレットに保存しておくことができます。
パレットに登録したポーズは、別のモデルに適用することも可能です。

2. 複数のポーズ付け

1体では寂しい気がしたので、2体を絡ませることにしました。
[デフォルトモデル]を追加し、QUMARIONでポーズを作ります。
モデルのスケールは、[ツールプロパティ]パレットの[オブジェクトスケール]で調整します。



ポーズの微調整をCLIP STUDIO PAINT上で行います。
右記画像は腕の角度を調整しているところです。

ポーズの微調整をする時は、[サブツール詳細]→[ポーズ]→[関節角度制限]をチェックボックスをオフにしておきます。

手のひらの表情のアタリもつけておきます。
素材パレット→[ポーズ]のプリセットから、[お釣りを貰う]を選択しました。ポーズを付けたい方の手の部分にドラッグ&ドロップします。

細かい手のひらのポーズをつける場合は、[サブツール詳細]→[ポーズ]で手のポーズを設定します。動かしたい指以外をロックし、三角形の中をドラッグすることで、指の開閉を行えます。


ポーズが決まりました。

Top