CLIP STUDIO PAINTの最新情報と過去のお知らせ一覧 | CLIP STUDIO


CLIP STUDIO PAINTの最新情報と過去のお知らせ一覧

CLIP STUDIO PAINT Ver.1.7.4アップデータ公開のお知らせ

2018年4月26日

CLIP STUDIO PAINT EX/PRO/DEBUT Ver.1.7.4アップデータ(Windows版/macOS版/iPad版)を4月26日(木)に公開いたしました。CLIP STUDIOもあわせて、Ver.1.7.4にアップデートいたしました。
※iPad版は審査が完了し次第、AppStoreにてご利用いただけるようになります。

下記よりアップデータをダウンロードしてご利用ください。体験版をご利用中の方もアップデータにより最新バージョンにしていただけます。

CLIP STUDIO PAINT の主な更新内容

Ver.1.7.4では下記の更新をいたしました。すべての更新内容はリリースノートをご覧ください。

3Dデッサン人形の機能を一新しました。【EX/PRO/DEBUT】

  • 新たに、3Dデッサン人形-Ver.2(男性)・3Dデッサン人形-Ver.2(女性)が追加されます。
  • 3Dデッサン人形の体型を、[ツールプロパティ]で設定できるようになります。設定項目やインターフェースを、改善いたします。
  • [ツールプロパティ]に、[体型]カテゴリーが追加されます。

新たに追加される3Dデッサン人形は、よりイラスト・マンガ制作に使いやすいよう改良されたモデルです

3Dデッサン人形モデルデータ制作:株式会社バックボーンワークス

パレットドックの表示方法を選択できるようになりました。【EX/PRO/DEBUT】

パレットドックごとに、アイコンを表示する領域をクリックしたときの表示方法を切り替えられるようになります。ポップアップ表示に加え、タブ表示も選択できます。
変更したいパレットドックのアイコンを表示する領域を右クリックすると、メニューから切り替えられます。iPadでは、この領域を長押しすると、メニューを表示できます。

パレットドックの表示方法をタブ表示・ポップアップ表示から選択できるようになります

初期設定のツールを追加できるようになりました。【EX/PRO/DEBUT】

[ツール]パレットおよび[サブツール]パレットのメニューに、[初期ツールを追加]が追加されます。

[初期ツールを追加]ダイアログ

クラウドサービスがより使いやすくなりました。【EX/PRO/DEBUT】※iPadも共通です。

[この端末]と[クラウド]を切り替えるタブが追加され、端末内の作品のほか、クラウド上の作品も管理できるようになります。

【iPad】新グレード「PRO」と年間契約プランの提供を開始しました。【EX/PRO】

iPad版に、新グレード「PRO」の提供を開始いたしました。またあわせて、PRO/EXともに「年間契約プラン(最大50%OFF)」の提供も開始いたしました。
新グレード「PRO」と年額版の価格等について詳しくは、こちらをご覧ください。

※iPad版「PRO」は、Windows版/macOS版のPRO/EXの機能差分と同等となります。
※Ver.1.7.4にアップデートをすると、iPad版「PRO」をご利用いただけます。すでにEXをご利用いただいている方がPROに切り替えた場合でも、環境設定や素材は引き継がれます。

CLIP STUDIO PAINT for iPadの新グレード「PRO」は月々240円でご利用いただけます

iPad版のEXグレードをお申込みの方は、クラウドサービスの使用可能容量が最大100GBになります(5月8日以降)。

iPad版「EX」の月額プランまたは年額プランをお申込みの方は、クラウドサービスの使用可能容量が最大100GBになります(5月8日以降)。

※iPad版でご利用のCLIP STUDIOアカウントで、PCからも利用できます(PC版のグレードに関わらず)。
※複数ページのデータは、EXでのみ開くことができます。
※すでに「EX」をお申込み済みの方や6ヶ月間の無料期間中の方も対象です。

【iPad】ファイル管理機能を改良しました。【EX/PRO】

[ファイル管理]ダイアログの名称が、[ファイル操作・共有]ダイアログに変更されます。さらに、ダイアログ内の各種機能を、改良しました。

  • [ファイル操作・共有]ダイアログから、ファイルを開けるようになります。
  • [ファイル操作・共有]ダイアログに、メニューを表示するボタンが追加されます。メニューからファイル名の変更や、ファイルの共有、複製、削除ができるようになります。また、サムネイルを長押ししても、メニューを表示できます。
  • [リスト表示]時に、ファイルの作成日が表示されるようになります。
  • [CLIP STUDIO PAINT]メニューから、[ファイル]メニューに移動します。

[ファイル操作・共有]ダイアログ

その他の改善点

その他、ご指摘いただいていたいくつかの機能改善や不具合を修正しました。

  • 【Windows10】Windowsアップデート適用後に、ペンおよびタッチでの操作で意図しない動作が起きる現象を修正いたしました。
  • [ファイル]メニュー→[開く]から、複数のファイルを開けるようになりました。
  • [表示]メニューに、[オブジェクトランチャー]が追加されました。3D素材選択時に表示される、[オブジェクトランチャー]の表示・非表示を切り替えられます。
  • [環境設定]ダイアログ→[ツール]に、[ブラシサイズ変更時、ブラシサイズの円をキャンバス中央に表示する]が追加されました。ブラシサイズを変更するときに、ブラシサイズをプレビューする円の表示・非表示を切り替えられます。
  • [ファイル]メニュー→[アニメーション書き出し]の各種設定が、次回実行時にも引き継がれるようになりました。
  • [初期化起動]ダイアログで初期化できる項目に、[出力用キャッシュ]が追加されました。[複数ページ書き出し]や[コンビニプリント]実行時に作成されるキャッシュを初期化できます。出力したデータは削除されません。
  • テキスト入力時の[ツールプロパティ]で、[フォントリスト]の表示方法の初期設定が、[フォント名を指定のフォントで表示]に変更されました。
  • [製本3Dプレビュー]ダイアログの表示時に、キャンバスや[ページ管理]ウィンドウの操作ができるようになりました。
  • 【mac】pixiv SketchやGoogleハングアウトを使用したライブ配信で、CLIP STUDIO PAINTのウィンドウが選択できるようになりました。

CLIP STUDIO の主な更新内容

Ver.1.7.4では下記の更新をいたしました。すべての更新内容はリリースノートをご覧ください。

クラウドサービスのインターフェースが新しくなりました。

[作品管理]画面に、[この端末]と[クラウド]を切り替えるタブが追加され、端末内の作品のほか、クラウド上の作品も管理できるようになります。
今後の改修で、素材管理にも[この端末]と[クラウド]を切り替えるタブを追加予定です。

[この端末]
[この端末]操作時のインターフェース

[クラウド]
[クラウド]操作時のインターフェース

これまでのCLIP STUDIOに関するお知らせ