反転表示させるとペン描画の中心点がずれます | IllustStudioの要望・不具合ボード | CLIP STUDIO
よくある質問
教えて!Q&A
要望・不具合


IllustStudioの要望・不具合ボード

更新日:2010/04/10 11:43:00
反対数:0
賛成数:0
返信数:3
閲覧数:1412
ID:11078
from 利用者 さん
2009/07/19 11:02:00
 
レイヤー

反転表示させるとペン描画の中心点がずれます

  ■確認環境
WindowsXP SP3
IllustStudio 1.0.4

■発生条件
・反転表示(左右)あるいは、反転表示(上下)させる

ほか参考
・表示%や解像度とは無関係におこります
・タブレットの座標を使用しない、使用する 両方で発生します
・ペンツール、ドットペン、鉛筆などで確認
(おそらくすべてのツール共通です)

■症状
・反転表示(左右)のとき:描画の中心点が右側に1ドットずれる。
・反転表示(上下)のとき:描画の中心点が下側に1ドットずれる。

[症状のおおきな特徴]
表示%や解像度とは無関係に\"必ず1ドットずれる\"という点にあります。

このため表示%が小さくなるほど、実際の描画点とのずれが大きくなります。
たとえば 72dpi(表示100%)よりも600dpi(表示12.5%)のほうが、
カーソル位置と実際の描画点のずれが大きくなります。

詳しくは画像を参照してください。

(図の表示12.5%/600dpiの例では手書きで正確ではないため推測ですが、
100%=1ドット、50%=2ドット 25%=4ドット 12.5%=8ドットとなっていき 
実際の描画点と8ドット、実寸0.5mm程度ずれてしまっているとおもわれます)

■推測される原因

下記いずれか1つが原因となっている可能性が高そうです。

1.反転時の画像が1ドットずれている(上下時:上に1ドット 左右時:左に1ドット)
2.反転時のカーソルの描画中心が1ドットずれている
3.反転時のタブレットの座標取得が1ドットずれている
4.反転時のカーソル画像が1ドットずれている

これは
・反転時にのみ起こる
・表示率や解像度とは無関係に1ドットずれる
という部分からの推測になります。

反転表示させてもカーソルの位置は変わらないことから、1?3が原因として
高そうですが、反転表示のためだけにペンの基本プログラムが別途用意されて
いるとはおもえないので、おそらく1だと思われます。

■ほか参考

ComicStudio4(4.3.1)でも同症状がおこります。
(同様に修正されていません)


■なぜ困るのか?
反転時にも通常時と同様の描画感覚で行えず、描きにくいためです。
こういった違和感による負担は数値以上に大きく、無視できないものです。
ずれは条件次第では印刷実寸でも問題が出ている大きさです。

描写という最も重要な部分での不具合のため、可能な限り早急な修正をお願いします。
賛成数:0   反対数:0   
from
CLIP
サポート担当
さん
2009/07/22 11:49:34
【IllustStudio テクニカルインフォメーション管理人より】

ご報告、また詳細なご説明と画像の添付をありがとうございます。

いただいた情報を元に検証を進めまして、今後のアップデートにて修正を検討いたします。
from
スレ主
利用者
さん
2010/01/01 19:31:08
うちの環境でも反転表示時に同じ不具合があります、
回転表示した時も微妙にズレてる気がします。

◎ご使用のOS(Windowsの種類)
xpsp3
◎IllustStudioの詳しいバージョン
IllustStudio1.1.0
△タブレットのメーカー名、型番、ドライバのバージョン
intuos3 ドライバ 6.1.0-6
△その他の使用中の周辺機器
19インチ二台のデュアルモニタです。

反転して描く事多いので早く直して頂きたいです。]
from
CLIP
サポート担当
さん
2010/04/10 11:43:00
【IllustStudio テクニカルインフォメーション管理人より】

この度はご報告、誠に有難うございます。
ご報告いただきました問題は、ver1.0.8にて修正いたしました。
ですが、引き続き問題が発生しているということですので
引き続き、調査いたします。

お使いの皆様にはご迷惑をおかけいたします。

管理番号:0013109_C

2019年11月28日に本サービスの投稿受付は終了いたしました。「CLIP STUDIO SUPPORT」をご利用ください。

よくある質問
教えて!Q&A
要望・不具合