CMYKの色%を完全に固定できない。 | CLIP STUDIO PAINTの要望・不具合ボード | CLIP STUDIO
よくある質問
教えて!Q&A
要望・不具合


CLIP STUDIO PAINTの要望・不具合ボード

更新日:2014/12/15 21:51:11
反対数:0
賛成数:0
返信数:5
閲覧数:2653
ID:75330
from きしら さん
2014/10/10 21:58:52
 
表示

CMYKの色%を完全に固定できない。

  CMYKのパーセンテージを、写真の例えばパレットにある一番右の灰色を10/10/10/30%に設定します。
しばらくすると、32/27/26/0 と、数字が動いてしまいます。似た色ですが数字が違うと困ります。
固定させる方法、そしてその色の状態のまま、原稿をPSDデータにできる方法があれば教えてください。
PSDデータで開くと、やはり色が変化した方の状態になっています。

 

------------------------------------------------------------
■バージョン:
139

■OS
Windows XP(   ) Windows Vista(   ) Windows 7 ( ● )
Windows 8(   ) Windows 8.1(   )
MacOS X 10.6(   ) MacOS X 10.7(   ) MacOS X 10.8(   )
MacOS X 10.9(   ) その他(   )
------------------------------------------------------------
賛成数:0   反対数:0   
from
CLIP
サポート担当
さん
2014/10/10 22:15:48
CLIP STUDIO PAINTはRGBカラーモードでのみ編集可能なソフトであるため、
CMYKのカラースライダーにて%を指定する際はその値をRGB値に変換をしており
また、スポイトで色を取得した際のCMYKのカラースライダー表示も取得したRGB値
をCMYK値に変換して行いますので、値が同じとはなりません。

入稿先などの指定で正確なCMYKの数値を指定する必要がある場合には、
カラーモードとしてのCMYK機能が搭載されているソフトをご使用頂くのが
よろしいかと存じます。
from
秋空広樹
さん
2014/10/11 00:42:08
サポート担当さんの仰るとおり、
CLIP STUDIO PAINTは
CMYKデータの編集には対応せず、
作業中のデータは実際にはRGBです。

そのため、カラースライダーで指定した
CMYK値は保持されません。

ただ、画面上に表示される色は変化しません。

作業は[表示]-[カラープロファイル]-[プレビューの設定]で
「Japan Color 2001 Coated」を選択し、
「プレビュー」にチェックを入れた状態で行い、
PSDで保存する時には、「ICCプロファイルの埋め込み」に
チェックを入れます。

この状態であれば、CLIP STUDIO PAINTで開いても、
Photoshopで開いても色は変化しないと思います。
※カラーマネジメントシステムに対応していないソフトでは、
正しい色で表示することは出来ません。
from
スレ主
きしら
さん
2014/10/23 22:18:26
秋空広樹さん
アドバイスをありがとうございます!
ICCプロファイルの埋め込みをした事がなかったので試してみました。
Japan Color 2001 Coatedの他に
レンダリングインテントを指定で、
知覚的・彩度・絶対的・相対的の4つのどれかを選ばなければなりませんが、
同じ色でもここで変わってしまうという事はないのでしょうか?
3タイプを試しましたが、ICCプロファイルを埋め込んでも、フォトショップなどで開くと、
数字だけではなく、色味も少し変わってるように感じます。

from
秋空広樹
さん
2014/10/24 03:49:13
レンダリングインテントは変換誤差を
どの様に処理するか選択するものですので、
好みの結果になるものを選択して下さい。
通常は知覚的か相対的を選択します。
CMYKに変換された後は、
考慮する必要のない無い項目です。

画像はCLIP STUDIO PAINTで適当に4色塗って、
Japan Color 2001 Coatedでプレビューしたものを、
CMYK形式のPSD(ICCプロファイル埋め込み)で保存して、
Photoshopで開いてみたものです。

上の段が知覚的、下の段が相対的~を選択した場合です。



先日の回答ですが、2つ重要なことを書き忘れていました。

一つ目は、CLIP STUDIO PAINTは、マルチモニタ環境下では
メインモニタでないと正しくプレビュー表示することが出来ません。
(Photoshopではメインモニタ以外で正確に表示できます)

画像はメインモニタ以外で表示した例です。
彩度の低いモニタで表示させたために、
画像ではPhotoshopの方の色が変わっているように見えますが、
実際のモニタ上の表示では、Photoshopの方が色が変わらず、
CLIP STUDIO PAINTの方は色がくすんで表示されて仕舞います。



もう一つは、CMYK形式で保存された画像をCLIP STUDIO PAINTで開く場合、
[環境設定]-[カラー変換設定]の「RGBプロファイル」の欄に、
OS側で設定されているモニタの規定のプロファイルを選択する必要があります。



↑この画面で設定するやつです

例えば、AdobeRGBに発色が近いモニタを使用している場合、
環境設定で設定されているRGBプロファイルが「sRGB」になっていたりすると、
こんな具合に異なる色で表示されてしまいます。



CLIP STUDIO PAINTで保存して、開くだけで、色が変わって仕舞います。

ちなみに、OS側で設定するモニタの規定のプロファイルですが、
ここにはモニタ固有のプロファイルを指定します。
時々sRGBやAdobeRGBを指定している人が居ますが、
本来は適切ではないのでご注意下さい。

少し難しい内容なので、ご不明なところがあれば再度説明します。
from
スレ主
きしら
さん
2014/12/15 21:51:11
返信が遅くて申し訳ありません!
詳細な説明をありがとうございます!
大変勉強になるとともに、まだ少し消化しきれていないので
色の作業をするときにまた書き込ませていただきます!

また1ヶ月くらいかかるかもしれませんが・・

画像まで用意していただいて本当にありがとうございます!
コメントの投稿にはログインが必要です。
よくある質問
教えて!Q&A
要望・不具合