印刷用データで後からアンチエイリアスを切る場合 | CLIP STUDIO PAINTのみんなに聞いてみよう | CLIP STUDIO

CLIP STUDIO PAINTのみんなに聞いてみよう

質問&回答しよう!

クリエイターさん同士で、教えて教わる相談コミュニティ

質問を見てみる
更新日:2016/07/08 09:56:43
返信数:1
閲覧数:7488
ID:87383
from tochitochi さん
2016/07/08 08:58:54
 
レイヤー

印刷用データで後からアンチエイリアスを切る場合

  質問させていただきます。

CLIPSTUDIOで印刷用の原稿データのペン入れを行っていたのですが、当初ペンツールの設定でアンチエイリアスを切って作業していたはずがいつの間にかオンになっていました。

アンチエイリアスをオンにして作成した原稿を後からアンチエイリアスを切って作成した状態にすることは可能でしょうか?
ペン入れしたレイヤーに色調補正の[2値化]をかければいいのかと思ったのですが、詳細が分かりません。
また原稿のどのページからアンチエイリアスオンでペン入れしたのか拡大してもいまいち判別できないのですが、確認することはできますか?

初歩的な質問かもしれませんが、よろしくお願いします。

------------------------------------------------------------
■バージョン:
※Windowsは、[ヘルプ]メニュー → [バージョン情報]で確認できます。
※MacOSXは、[CLIP STUDIO PAINT]メニュー → [バージョン情報]で確認できます。

■グレード
DEBUT(   ) comico(   ) PRO( ○  ) EX(   )

■OS
Windows XP(   ) Windows Vista(   ) Windows 7 (  ○ )
Windows 8(   ) Windows 8.1(   ) Windows 10(   )
MacOS X 10.5(   ) MacOS X 10.6(   ) MacOS X 10.7(   )
MacOS X 10.8(   ) MacOS X 10.9(   ) MacOS X 10.10(   )
MacOS X 10.11(   ) その他(   )
------------------------------------------------------------
from
CLIP
サポート担当
さん
2016/07/08 09:56:43
線画のアンチエイリアスを無くしたい場合は、線画のレイヤーを選択して
レイヤープロパティで表現色を[モノクロ]にご変更ください。

この際、ボケ足部分のどの程度を黒に変換するか調整が出来るので、
キャンバス上の線の太さを確認しながら、必要に応じて[アルファの閾値]の
数値を調整してください。



※ベクターレイヤーの場合は閾値の調整はありません。

太さの調整が完了したら、[プレビュー中の表現色を適用]をクリックし、
2値化を確定させてください。



なお、アンチエイリアスONで描かれている場合、レイヤーの表現色が
グレーあるいはカラーとなっています。

[ウィンドウ]メニュー→[レイヤー検索]パレットを表示して、表現色が
カラーやグレーになっているラスター/ベクターレイヤーを絞り込んで、
線画のレイヤーを特定する方法をお試しください。



また、目視でアンチエイリアスの有無を判断する場合、ドットが見える
レベルまで拡大してみて下さい。
線のフチにボケ足があるかないかで判断します。


・アンチエイリアスあり 




・アンチエイリアスなし



よろしくお願いいたします。